ディープな週末でした。。  釣り

木曜から 土曜は仕事だ!と言われていて、
仕事量からして こりゃ土曜は休みの可能性が高い と判断した。

準備して出勤。
すると 金曜10時の休憩で 「明日は休みっポイな」だって、

すでに そんなことだろと 準備万端にしてます。
やはり 連休になり〜 走る夕暮れは 渋滞...

風の状況を見ていると 週末は寒気がかなり影響してくる、らしい が---
四日市で煙突からの煙が上に上がっている。

裏道に入って尾鷲と鳥羽の別れ道、天候は安定している。
迷いに迷って 鳥羽に進路を取る!

天候の安定した尾鷲方面も魅力だがー
安定感のある鳥羽を最後に見ておきたい。


前回入ったポイントに入ってみる。
他に2名、イカ狙いだから 問題ない?!

オリジナルロッドにジグヘッド単体で始めてみる。
足元でメバルがポンポン当たる、全てリリース。

セイゴは見当たらない、
アジも?右寄りに投げた時、アタリが出た!

重さは無いが 鋭く走るのは アジ!
右寄りかー そこから3連発!

4匹確保したところで 明確なアタリで 良く引くアジが来た!
抜いて外そうと思ったところ 口が裂けてる〜

あっ クロムツだった。。
ここからアレコレ試すがアジには出会えず、場所移動。

一番お得意の場所だ!
無風なのが助かる、投げ始めると---- さっきまで見当たらなかったヤツが,,,

「セイゴドン」!爆裂!
ボコボコな状況、まいったなー

本気で釣ったら軽く50は行くな、
天候の急変も考えられるので20匹ほど確保。

ここで メデューサ投入!
きっとセイゴが嫌うだろう と踏んで投げる。

作戦成功!!
アジが2匹ポンポンと釣れたょ⌒O⌒)

しかし セイゴもなれてくると かかってしまう。
それでもセイゴの反応が少ないので通して使っていると ツツツ---

バシッ!ビビビビビ-------- 飛ばないな、
良型アジ登場〜!作戦成功!

その後アジは姿を見せずセイゴオンパレード、
今回は月問題もないので ジグヘッド単体で釣れる場所へ移動。

ここでオリジナルロッドを思いっきり試せる。



ちょっと魚を
4時間ほどさばいてきます。

2時間さばいて休憩,,,
一応 うろこ・頭・腹を落として冷やしてます。



風が時折吹くが ほぼ無風。
オリジナル1本で勝負!

自分の立ち位置に立つと全てがゼロになる。
ここが基本(今シーズン)の場所なのだ!

1グラムジグヘッド単体で投げる。
先ほど投げてはいるが やはりゼロになる場所で投げないと意味がない。

投げることで 飛距離がわかる、それに張りも。
まずまず!ロッドの強さだけなら68ストレンジより強い。

正しくは 硬い感じだ。
だが感知能力は上だと思う。

軽さと 硬さを両立すると 棒みたいな竿になりやすい、
「棒」にさせないには ティップを細くすること!

市販品ではそこまでやる竿は少ない。
オリジナルではソコに持っていくしかない(笑)

そうでなければ作る意味が無いし、
市販品が沢山あるから 買えばいい。

チ 今触った! 食ってこない 間が空いて チ- バシッ!
アタリの後に 微かに重さが乗るので これが理想のアタリになる。

まだアジが居てくれた!感謝!
程よい曲がりでアジを寄せて抜く、

しかし 次のアタリでは 竿の性格が出る。
感知能力が良すぎて 押さえ込まないアタリを聞いてしまう...

アジはくわえているのだが 硬めの竿で聞くので離してしまう、
「弾く」と 言われる現象が起きる。

それと シャクリのタイミングでアタると カウンターパンチが入り---
魚に違和感を与えるどころか 中途半端なアワセが入ってしまう(泣)

ピーキーな方向に振ると リスクも増える のである(笑)
それ以上に感知能力があるのは有利!


それからも 緩んだ ラインからでもアタリを捕らえ何匹がゲット!
7匹ほどゲットしてアタリが途絶えた、少し休憩してラストの追い込み!

明け方前 開始してすぐに 1匹追加して 少し間が空く。
底近くから 一気に中層を横に誘い 1匹追加、そしてー

前回苦労したアタリが出た!
遠くの底付近 ツツ バシッ!乗ったがぁジィ---------ジィ---------

重くて左右に走り回る!
こりゃヤツに違いない!

足元に行かれない様に腕を伸ばして対応!
それでも行かれました,,,,

キリキリ,,, ドン!と走られ 切れた。。
気をつけていて入られるとは…

ヤツは重いなぁ〜
少しして 違和感を感じ アワセ!

また来た!
もっと早目に浮かせられないか 早いポンピング!

ラインの限界近くを気にしながら巻く、
魚が見えた!やっぱりグレ!

見えていてそのまま足元の根へ---
見えていて 止められないとは ジエンド プッツリ。

もう1発掛けるがこれは すぐにバレたー
ここで朝 太陽が出そうなので終了。

今シーズンのラスト鳥羽になるか 昼間の天候で判断します。
移動して休憩。

オリジナルロッドは威力バツグン!
この竿があれば他の竿は いざと言うときのスペアーになりそうです。




さぁ 刺身と塩焼きの準備をしてきます。。

刺身は間に合いました、が〜
塩焼き他は明日に持ち越し。シチューが用意されて事足りました。




11時頃起きるがーもう一度ダウン、
1時半頃起きると 爆風になってました(汗)

爆風の鳥羽もいいが ここは尾鷲方面を見に行くことにする。
かなりの風だが大丈夫だろうか…

トコトコ....
昼間にのんびり走るのも 燃費が伸びていいですね。

一応 本命?ポイントに着く。
前シーズンも来ているので一応 釣りのできる風向きではある けど,,,

まだ明るいのでー 爆風も吹いているのでー 休憩。
30分ぐらいかな、目が覚めたら 凪!奇跡!

日も傾いているので 一応遠投してみる。
結構 遠距離で一度 魚が掛かるがバレる---

すぐに極小オオモンハタが釣れる。
今シーズンはどこでも釣れるけど、凄い分布範囲だと思うけど どうなのかな?

一応 アレコレしてみるけど 何の反応もナシ。
オリジナルとフィネッツアを用意、最終的にはオリジナルオンリーになります。

凪と 言っても完全に納まる訳ではないのでー
場所を動きつつ風を気にしつつ 投げていきます。

ある場所に入って少し粘る。
それには訳があって 以前入れ食った場所なので 回遊ルートに当たると考える為、

潮が動かない感じ、しばらくすると 右から左に潮が動いた。
ッ-- あっ 今当たった けど上手くタイミングが合わなかったー

同じ場所に投げると ッ-- ビシュ!掛かった〜
違うエリアでの今シーズン初アジゲット!

オリジナル じゃいごう!!
同じ場所の深めで アタリが出る!

3匹追加してアタリが途絶える、
ここで本命ポイントにフィネッツア1本持って様子を見に行く。

すると 見事な吸い込みアタリ!




あかん、ちょっと休憩。。

結局朝ですゎ,,,


本命ポイントがいけるなら即移動!
そこからはオリジナルだけで戦う。

カウントしながら魚を探すけど どうも浅いレンジには浮いていない。
カウント10でポーズをしてみると 見ていた竿先が 音も無くギューン!

と一気に押さえ込まれた!即アワセでアジをゲット!
毎回こんなアタリなら楽なんだけど〜

カウント10となると ちょっとゆったり数えているからー
沈めるのに時間がかかる、

カウント7ぐらいから誘い始めてもアタリは出るがどうも微妙な感じ、
結局誘いながらレンジを下げていくハメに。

やはり10以上、それ以上深くしても 反応はいいが時間がかかる,,,
それと深くすると アタリが出にくい、ラインが一番出た状態からの誘いになる為、

まぁ食わないよりはいいので沈めますけどねー
それと オリジナルが威力を発揮してくれるので、

違和感的なアタリはキャッチできます!
ラインが多く出ているので 鋭くアワセても マイルドなアワセになる(笑)

そんなことを考えつつアジを追加して行きます。
どうも深い場所のフォールが効く様で アタリを取りやすい ステイを多様。。

止めていると 自然とゆっくり沈むので アタリが出ないときはー
微かに引くと ツ- と来ます、これをすかさずアワセていけばアジゲット!



そろそろ仕事に行って来ます、
外は白い世界になってます....

道路に積もるほどではなかったので助かりました。



しかし アジが連発していても 全然そんな感じがない。。
沈めるのに時間がかかるので ポンポン釣れている感じがしない(汗)

風が時折強く吹くが 弱く吹くと寒さがしみる〜
手・足・顔が冷たい、

そうなると 沈める時間は 掟破りの置き竿フォール!(笑)
その間 両手はポケットに!

ラインを見ていると ツン、と跳ねたりー
ロッドティップが入ったりー これがロッドを持っていると 当たらない(?)

やはり 殺気が伝わるのは 本当だった(爆)
そんな中 ティップを押さえ込んだロッドを握りアワセる!

これで2匹追加〜 でもこれはかなり難しい,,,
ここで サーティーフォーシリーズ投入タイム〜〜〜(核爆)

使うのは オクトパス。
このワームで まだアジを釣ってないのだ,,,

遊 松坂店 店員お勧めカラーを使ってみる。
深いレンジまで送り込んで---

動かし過ぎない様に ツツ 抜けたー
もう一度 投げ直して ツツ- バシッ!来た!

すぐにもう1匹追加するが すぐにアタリが途絶える、
ここがアジの不思議なところ。

続けて 魚をバラシているなら アジが警戒するのは考えられる。
掛かった魚は その場から居なくなっているのに---

釣られるのを 隣で見ているのだろうか??
一応オクトパスでも釣れたのでOK

明け方が近づいてそろそろ漁船も走り出した、
ラストに 始めに釣れた場所にちょっと入ってみたが反応はなかった。

これで今回の鳥羽からの尾鷲方面への大移動釣行は終了です。
違うエリアのアジを釣ってみて あらためて鳥羽のアジは特上なのがわかる!!

太り具合と脂ののり具合は正に「じゃいごう!」
来シーズンが楽しみです!!

今回 釣ったアジは、鳥羽方面 16匹だった様な〜 セイゴは23匹。
尾鷲方面 アジちょうど50匹でした。

セイゴは 頑張ればガンバるだけ釣れました 途中でやめましたけど(笑)
最大は鳥羽で釣れたデブデブ23a^−^)
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ