kai ishiyama's

「石山海と劇団火扉」主宰、石山海のブログを創ってみました。

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kai-ishiyama
ブックオフの裏事情にそんなに精通してるとは!
レンタル落ちと言えばDVDが普及してからビデオソフトがかなり安く売られていますね。好きな作品だと一時期は纏め買いなどしていたのですが、最近はかさばるし切りがないのでやめました。
投稿者:志穂
ブックオフの価格付けは、ある程度の流行り廃りもあるんですけど、基本的に「商品の状態の良し悪し」で決まります。

同じCDや本、同じ時期に出たCDでも、値段がかなり異なる場合があります。

CD、DVDの場合は
 ・帯が無い
 ・盤面にキズが入っている
 ・ケースにキズが入っている
 ・ジャケットが汚れている
 ・歌詞カードが汚れている
などがあると、安くなります。
逆に、保存状態のよい物は、高値で売られています。

本も、最近出版されたものでも、日焼けしていたり、汚れていたりすると、安くなります。

CDは「聞ければいいや」というのであれば、安いものでも十分です。
ただ、安いやつは、ごく稀に盤面に目に見えないようなキズが付いていて、音飛びする場合があるので、要注意です。

ブックオフの買取基準は、完全に
 「商品の状態がよいかどうか?」
というだけで買取値が決まります。
一定の基準が設けられていて、
全国の店舗の、どの店員が価格査定を行っても、
同じ基準で買取が行われるシステムになっています。

なので、マニアにとっては貴重な初版本とかでも、状態が悪ければ、値段すら付かずに処分、という場合もあります。
(売るときに「値段が付かない物は処分していいですか?」と聞かれます。)

余談ですが「聞ければいいや」というCDであれば、レンタルショップのレンタル落ち商品も狙い目です。
TSUTAYA、文教堂あたりのレンタル落ちだと、割と最近のアルバムでも、300円くらいから手に入ります。

ブックオフの安いCDは、CDやジャケットの状態は良くても、ケースがガタガタになっている場合が多いので、私は、100円ショップでCDのケースだけ買ってきて、入れ替えています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ