kai ishiyama's

「石山海と劇団火扉」主宰、石山海のブログを創ってみました。

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:あっ…
この先生、何かにつけて「よござんすか?」が口癖だった気がします。記憶違いかもしれませんが(汗)

私のクラスでは、2年の時に、この先生の授業があったと思います。

先生のことも、同級生のことも、殆ど覚えてないんです。

というのも「よく留年しないで卒業できたなあ…」ってくらい、学校に行かず、行っても上の空で出席日数ギリギリ、試験の点数は毎度赤点寸前…だったんで、あんまり覚えてないのかもしれませんね。。。

なんか学校中に倦怠感が漂ってて、覇気も活気もなくて、部活以外の普通の授業時間帯は、ひどく退屈で魂が抜けたみたいにボーッと過ごしてました。

この国語の先生にも、よく呼び出されました。
「お前な、授業休んでばっかりで、いつも試験は赤点寸前、出席日数はあと1回休んだらアウトだぞ」
と(汗)

その「あと1回」の授業もキッチリ休みましたが(笑)

でも、その時期があって今があるので、それでいいと思ってます。

そういえば、生物の先生に、ジャズに狂ってた先生がいました。(自分で「僕はジャズに狂ってるからね」と言ってました(笑))

この先生も高校生の時にジャズと出会って、持ってるレコードは1000枚を軽く越えてたらしいです。

授業で「レコード聞きたいのがあれば貸すよ」と言ってましたが、当時はジャズに興味もなければ、レコードプレイヤーもなく、ちょっと勿体ないことしたなあ…って気がします。
投稿者:kai-ishiyama
え〜と、詳しく書くことは控えますが、
マツ●ト先生です。
私は以外に先生達ひとりひとりのこと覚えてますよ。
タケ●ラ先生という強烈な先生のこともいつか書きたいと思ってます。
投稿者:志穂
あの学年で、担任をやってた国語の先生って誰でしょう…全然思い出せません(汗)

私がいたクラスの担当教師では、修学旅行に行く前に、延々と「リンケンバンド」の曲を聴かせた国語の先生とか、中国史マニアで、当時公開された「チンギス・ハーン」の映画の感想を、延々丸々1時間使って語った世界史の先生とか、いました。
(「チンギス・ハーンがどういう拷問をしたか?」ということを、延々とリアルに語っている時間が殆どだったので、嫌気さしました…)

が、その先生たちのことも、殆ど覚えていません。

村上春樹に出会ったのは、社会人になってからです。
シナリオや雑誌のライターをしている、10歳くらい年上の女性が勧めてくれました。
それ以来、村上春樹は好きですが、高校時代に出会ってたら、好きになれなかったんじゃないかなあ、と思います。

「1Q84」は、ほとぼりが冷めた頃に読もうかなあ、と思ってます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ