kai ishiyama's

「石山海と劇団火扉」主宰、石山海のブログを創ってみました。

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たいち
「悪魔のはらわた」の殺人鬼はエド・ゲインという実在の人物がモデルになっているそうです。「サイコ」もこの人がモデルなのだ。ぼくはエドがあのおぞましい人肉マスクや人皮チョッキをどうやって思いついたのかずっと気になってたのですが。古本屋でエドの伝記を発見してわかった。昔アメリカにはパルプフィクションとよばれる子供向け三文小説があって。アフリカの首刈り族やナチスの話とかが面白おかしく書かれていた。エドは愛読していたそれらの話を自分でもやってみよう!と思ったらしい。
残酷な表現が残酷なこころをつくるんじゃなくて人間のこころの中に残酷な狂気がもともとあるんだと思う。そいつは常におもてに出ようとしているのだが形がない。それで手近にあるガラクタから形を借りておもてに出てくる。だからホラー映画を子供に見せるのを禁止してもあまり意味がないと思う。ブギーマンの真似をする奴はいなくなるかもしれないけど、そしたらそいつは別のもので狂気をかたちにするだけだ。そしてこの世から残酷な表現を完全に抹消することは出来ない。だいたいそんなことしたら本物の芸術なんてなくなっちゃうよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ