2009/8/13

第13回 医学生・若手医師のためのスポーツ医学・健康医学セミナー  セミナー情報

第13回 医学生・若手医師のためのスポーツ医学・健康医学セミナーのご案内です。

ブログ掲載が大変遅くなり、申し訳ありません。

【主催】:(財)日本水泳連盟医・科学委員会/医事部、日本水泳ドクター会議
【日時】:平成21(2009)年8月29日(土) 午後1時〜6時
【場所】:アクロス福岡  大会議室 
  〒810−0001 福岡市中央区天神1-1-1  http;//www.acros.or.jp/
【参加資格】:医学生、研修医(卒業して1〜2年)等の若手医師
       その他参加を希望する医師
【参加費】 :医学生:1,000円 研修医他:2,000円(資料代・懇親会費を含む)
【申込み方法】
・往復はがき(1人1葉)もしくは e-mail にて下記要領を記入して申し込み下さい。
・〆切:8月22日(土)(消印有効)、ただし定員(100名)になり次第、〆切ることがあります。
【e-mail】  :  jimukyoku_swim_doctor@yahoo.co.jp
【問い合わせ先】   
 〒112-0012 東京都文京区大塚3-29 
       日本水泳ドクター会議事務局「スポーツ医学・健康医学セミナー」係
        TEL/FAX 03−3942−6455

講義内容は「続きを読む」へ!




【プログラム】   
司会:佐々木絢子 (本永病院、血液内科、東京女子医科大学 昭和60年卒)
13:00 開 会
主催者挨拶 日本水泳ドクター会議副会長 吉川 茂樹
         (よしかわ耳鼻咽喉科クリニック院長、九州大学 昭和57年卒)
歓迎の辞  

13:10−14:40 第1部 (講義各20分、質疑各10分)
座長 長野芳幸(八反丸病院院長、整形外科、鹿児島県立大学昭和33年卒)
【講義1】「スポーツ医学・健康医学の理念と実践」
 武藤 芳照 (東京大学身体教育学講座教授・東京厚生年金病院整形外科客員部長、
整形外科、名古屋大学 昭和50年卒)
【講義2】「かかりつけ医とスポーツ医学」
 岡崎 哲和 (医療法人社団岡崎病院(広島県三次市)院長、
外科、久留米大学 昭和62年卒)
【講義3】 「こころとスポーツ医学」
 橋口 知  (鹿児島大学教育学部健康教育学科
精神科、鹿児島大学 平成元年卒)
休憩

15:00−16:30 第2部 (講義各20分、質疑各10分)
座長:加藤永史(かとう外科胃腸科医院院長、久留米大学 昭和42年卒)
【講義4】「水泳競技のメディカルサポート」
 金岡 恒治 (早稲田大学スポーツ科学学術院准教授、整形外科、
筑波大学 昭和63年卒)
【講義5】「リハビリとスポーツ医学」
 高杉 紳一郎 (九州大学医学部リハビリテーション部講師、
整形外科、九州大学 昭和58年卒)
【講義6】 「博多祇園山笠のスポーツ医学」
 内田 泰彦(健康リハビリテーション内田病院(福岡県嘉麻市)院長、
内科、福岡大学 昭和58年卒)

16:50−17:50 第3部 「私とスポーツ医学・健康医学」 (講義各20分)
座長:江夏亜希子(ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック、産婦人科、鳥取大学 平成8年卒)
【1】大内 洋 (亀田総合病院、整形外科、東京医科歯科大学、平成13年卒)
【2】高橋 義雄(岡山労災病院形成外科部長、形成外科、岡山大学、平成7年卒)
【3】片桐 浩史(鳥取大学医学部リハビリテーション部副部長(講師)、
         整形外科・リハビリテーション科、鳥取大学、平成元年卒)

18:30頃〜 懇親会   (20:00頃 終了予定)
司会:吉澤 大 (国立国際医療センター国府台病院、消化器科、
         宮崎医科大学 平成13年卒)

*都合により、講師、内容が変更される場合があります。
なお各講師には、全国の医学生・研修医のために、まったくのボランティアで参加し、
講義をしていただくことになっています。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ