Don't worry, Be happy.(Top page)

2012/6/18

氷×極  記録


ども〜海渡です♪( ´▽`)最近じめじめして嫌になっちゃいますね。

公演中の舞台の上ももろに気候の影響を受け、汗の量が半端じゃないです(笑)

そんな梅雨のダルさを吹き飛ばす差入れを先日頂きました!
それがこちら!👇

クリックすると元のサイズで表示します


今治で1番、いや日本中でもトップレベルの美味しさと名高いかき氷屋さん
「登泉堂」さんのかき氷を頂きました!
( *`ω´)

あまりにも有名になり、「秘密のケンミンショー」という番組にも出演しました!

僕自身も今治出身なので、度々このかき氷を味わっていました。

このかき氷、小さい頃はただうまいうまいと頬張っていたけれど。

大人になって、色々な人生を目にして、自分自身色々な経験をして。
あらためて食してみると。

「あぁ、登泉堂の主人の思い入れの込もった氷やな」なんて思います。

普通のかき氷は、パックに入った味覚がおかしくなりそうな甘ったるいシロップ
が掛かってますよね?(笑)

対して、登泉堂さんのシロップは、全て手作りなんです。
例えば苺の氷だと、苺の果実がたっぷり
入っていて。それでいて嫌味のない甘さと酸味が
口の中に広がります。普通のシロップには絶対に出せない「生感×優しい口あたり」を見事
に表現しているんです。そして、そのシロップが活かされるように繊細に削られた氷が、何とも絶妙
な舌ざわりを表現していて、まるで雪国で空から降って来たばかりの苺味のパウダースノーを食べてるみたい…

…あれ?なんかかき氷評論家みたいになってる_| ̄|○普段そんなキャラじゃないのに(笑)これぞ地元愛(笑)

まあそれぐらい語りたくなるかき氷な訳です。

ここで僕の中で繋がるのは「何かを極める」ということ。
登泉堂のご主人は、このかき氷のシロップと、氷の繊細な
口当たりを表現するためにどのぐらいの時間と努力を積み重ね
て来たんだろうかと想像する。

何度も何度も氷を削っては試食し、腹を壊し←
何度も何度もシロップを作っては試食し、糖尿の診断を下され←ウソ


やっっっとの思いで、お客さんに出せるレベルだ!と
納得出来るものを作り上げたんだなぁと。もちろん今もより高いクオリティ
を目指して改良を重ねている。新作も試作してみたり。
まさに『職人としての飽くなき追求』。

こういった精神を自分も維持し続けるのが大事だな〜と思わされますね。

さあて明日も頑張りやしょ。

では、また。


2



2012/6/21  6:58

投稿者:kaito-udaka

結女さん⇒登泉堂さんが近くにあるのがうらやましい!毎日でも行きたいのに!\(^o^)/(笑)差し入れは何でも嬉しいですよ(笑)ネタでも何でも楽しみにしてます(^^♪

まなさん⇒とーっても美味しかったですよ)^o^(この氷のために今治に行っても良いくらいだと思います(笑)こちらこそ拙いブログですが読んで頂いてありがとうございます(^u^)

ねねさん⇒本場!?かき氷の聖地があるんですか?(笑)キーンとなるのもまた思い出として残りますよね(^^♪その時は辛いですが(笑)

2012/6/20  23:31

投稿者:ねね

かき氷いいですね(^O^)/
私もこの前本場のかき氷食べました♪(´ε` )
氷にも味がついていて、中身まで果肉がはいってるんで、いくら食べてもあきません‼
でも、歯がキーンってなるのは苦手です^^;

2012/6/19  10:08

投稿者:まな

おいしそ〜う///
最近すっごい暑いのでちょうどいいですね!!!
コメ返ありがとうございます(^^♪

2012/6/18  11:24

投稿者:結女

登泉堂行きたいと思いつつ 倉庫へ顔を出す前に行こうとして いつも 忘れて 帰り(21:00過ぎ)に思い出す 私です(笑)

えっと 先日のは 返信不要です(爆)
無事に 食べれたのなら 何よりです(*^^*)

今度(いつになるか 分かりませんが)の差し入れは 普通にします・・・タブン・・・キット・・・保証はないですが(^^;

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ