ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記

kokkoいい家ネット管理人の新築日記です。
 鹿児島で高気密・高断熱にこだわり、2008年12月、ヤマサハウス「絆の家」完成 甲状腺ガンを乗り越え、37坪狭小地に住宅が完成するまでの苦難の記録。民主党 住宅ローン減税 配偶者控除 扶養控除廃止 シミュレーション 2011年入居 上棟式 餅まき 不動産取得税 固定資産税 家屋評価 Web内覧会 平成23年確定申告書 ローン控除 Low-eガラス ウンベラータ 太陽光発電

 
 

平成23年11月10日以降の記事は、新しいブログでアップします。

   → 施主のための家づくり情報サーチ〜ガンにも負けず

   *現在、2013年入居者のための住宅ローン控除を解説中
       → 住宅ローン控除、確定申告書の書き方(認定長期優良住宅・連帯債務にも対応)

kokkoの新築日記「ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記」(新着順) 鹿児島ヤマサハウス絆の家

INDEX  新着記事はこのINDEXの下をご覧下さい。

全記事表示(投稿日時の古い順に全て表示) 

以下の項目をクリックすると各カテゴリの記事を投稿日時の古い順に表示します。

プロフィール
  ・kokkoのプロフィール
着工まで 
  ・家づくりコンセプト(我が家の仕様)  ・ガンの発症  ・ハウスメーカー選び
  ・ヤマサハウスについて  ・土地さがし  ・見積り依頼〜業者決定  
  ・間取り設備の検討
工事の状況
  ・地鎮祭〜上棟  ・屋根工事〜引渡し  ・気密施工・気密測定   
完成後
  ・Web内覧会   ・住み心地  ・寒さ対策   ・インテリア  ・ガーデニング
お役立ち情報
  ・断熱材の施工 ・住宅ローン減税 ・固定資産税、不動産取得税
  ・太陽光発電 ・長期優良住宅  ・おすすめの建築関連サイト
 

【各ハウスメーカー・工務店の住み心地リンク集INDEX】 

【ただいま建築中】
◆南国で暮らす快適な家

◆陽だまりのおうち★  

◆家づくり 〜ゆらりと行こう〜


【Web内覧会リンク集】

*タイトルバックの写真は我が家ではありません。右上の写真がヤマサハウスで建てた我が家です。よくヤマサハウスらしくないですねって言われます。 アクセスランキング  

自由項目1








 
ランキング参加に登録は必要ありません。 
当サイトへリンクを貼っていただくと自動で集計します。
 

汎用インクのレビュー記事は  →こちら




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kokko
Massaさん、はじめまして

Massaさんのブログは、時折、拝見していましたので、コメントいただけて光栄です。
ブログもお宅もセンスがあって羨ましいなぁと思っています。

高気密については、大手ハウスメーカーの意向に国が沿った形で、多くの施主に理解されないままになっている気がして、記事を書いてみました。

これからもよろしくお願いします。


投稿者:kokko
sugyfumyさん、コメントありがとうございます。

もちろん、数値がすべてではないんですが、C値測定を行うと分かっていれば、大工さんの取り組む姿勢が違ってきます。

そして、おっしゃる通り、石膏ボード施工前の測定が大切です。
我が家の棟梁は、測定の最中も空気が漏れるところがないかチェックしながらウレタンフォーム吹き付けていましたから、、
投稿者:Massa
はじめまして。
sugyfumyさまのブログリンクから、ここにたどり着きました。

C値の基準値の除外はおかしな話ですよね。
ウチも全棟計測を行う高気密に拘った工務店さんで建築したのですが、
工務店さん曰く、瑕疵担保法以降はJIOの検査等でも、シュミットハンマー検査を”やってはいけない”様になったり、一部の利益を図る様なおかしなルールが増えたと嘆いていました。
アンチの方の情報も多く見られますし、高気密住宅の心地良さは実際に体感していないと、中々、理解を得られない様ですね。


http://blog.livedoor.jp/massalog/
投稿者:sugyfumy
こんばんは

C値がわからなければ、住宅の気密度を客観的に知ることができないですよね。

実際、気密測定をするビルダーが何社もないのが実情ですが、気密測定をしてC値を測れば、その時に想定のC値より大きければ、その場で原因を探れて修正が効くので、よりC値が小さくなって気密性の高い住宅ができると思うのですが・・・

施主も含む家の性能に対する意識の問題かも知れないですね。



http://sugyfumy.cocolog-nifty.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ