ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記

kokkoいい家ネット管理人の新築日記です。
 鹿児島で高気密・高断熱にこだわり、2008年12月、ヤマサハウス「絆の家」完成 甲状腺ガンを乗り越え、37坪狭小地に住宅が完成するまでの苦難の記録。民主党 住宅ローン減税 配偶者控除 扶養控除廃止 シミュレーション 2011年入居 上棟式 餅まき 不動産取得税 固定資産税 家屋評価 Web内覧会 平成23年確定申告書 ローン控除 Low-eガラス ウンベラータ 太陽光発電

 
 

平成23年11月10日以降の記事は、新しいブログでアップします。

   → 施主のための家づくり情報サーチ〜ガンにも負けず

   *現在、2013年入居者のための住宅ローン控除を解説中
       → 住宅ローン控除、確定申告書の書き方(認定長期優良住宅・連帯債務にも対応)

kokkoの新築日記「ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記」(新着順) 鹿児島ヤマサハウス絆の家

INDEX  新着記事はこのINDEXの下をご覧下さい。

全記事表示(投稿日時の古い順に全て表示) 

以下の項目をクリックすると各カテゴリの記事を投稿日時の古い順に表示します。

プロフィール
  ・kokkoのプロフィール
着工まで 
  ・家づくりコンセプト(我が家の仕様)  ・ガンの発症  ・ハウスメーカー選び
  ・ヤマサハウスについて  ・土地さがし  ・見積り依頼〜業者決定  
  ・間取り設備の検討
工事の状況
  ・地鎮祭〜上棟  ・屋根工事〜引渡し  ・気密施工・気密測定   
完成後
  ・Web内覧会   ・住み心地  ・寒さ対策   ・インテリア  ・ガーデニング
お役立ち情報
  ・断熱材の施工 ・住宅ローン減税 ・固定資産税、不動産取得税
  ・太陽光発電 ・長期優良住宅  ・おすすめの建築関連サイト
 

【各ハウスメーカー・工務店の住み心地リンク集INDEX】 

【ただいま建築中】
◆南国で暮らす快適な家

◆陽だまりのおうち★  

◆家づくり 〜ゆらりと行こう〜


【Web内覧会リンク集】

*タイトルバックの写真は我が家ではありません。右上の写真がヤマサハウスで建てた我が家です。よくヤマサハウスらしくないですねって言われます。 アクセスランキング  

自由項目1








 
ランキング参加に登録は必要ありません。 
当サイトへリンクを貼っていただくと自動で集計します。
 

汎用インクのレビュー記事は  →こちら




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kokko
笑窪さん、コメントありがとうございます。

我が家では、住んでみて遮熱Low-eガラスの断熱性能の高さを実感して、すべてのガラスを遮熱Low-eガラスに交換しました。

東・南がペアガラスでいいかという問題については、夜、人がいないオフィスビルなどではそこまで費用をかけてLow-eガラスにする必要はないでしょうが、住宅であればLow-eガラスをお勧めします。
コールドドラフトの影響がまるで違います。

では、東・南を断熱タイプにするか遮熱タイプにするかですが、日射の強い鹿児島では当然のように遮熱タイプですが、確かに冬の陽だまりの暖かさがないのは残念です。
笑窪さんがおっしゃるように日差しを遮る工夫をして断熱タイプを採用というのもありだと思います。

なお、北側の断熱タイプに関してはほとんど意味がないとないと思います。
遮熱タイプの方が断熱性能が同等か高いのが一般的だからです。
よほど大量にガラスを使用するビルならコストダウンの効果が得られるとは思いますが、

植物に関しては、遮熱でも明るさは十分だと思うんですが、気になる点はありますので、また、調べてみます。

参考記事をまとめてみました。

<span style="font-weight:bold">Low-eガラス、遮熱と断熱の東西南北使分け</span>
<span style="font-weight:bold">Q値改善計画1、遮熱Low-eガラス </span>
<span style="font-weight:bold">Q値改善計画2、Low-eガラスへ交換で住宅版エコポイント</span>
<span style="font-weight:bold">Q値改善計画3、ガラスのエコリフォーム、ビフォーアフター</span>
<span style="font-weight:bold">Q値改善計画4、Low-eガラスへ交換の効果</span>
投稿者:笑窪
私は、住宅関係で無い建築関係者です。
プログ主様のプログを拝見して、とても驚いたのと詳しく調査されている事に感心しています。
件名:Low-Eガラス(遮熱・断熱)の使い分けについて
私の住まいは、東京都下でW地域になります。
東からの日射は、生物が生きていくのに大変重要なもので植物の生育には1時間程度の太陽の日射で十分生育出来ると思っています。そして南からの日射は、冬の日だまりを大切にしたいと思っています。夏の南及び西からの強い日差しは落葉樹又はシェード、緑のカーテンで凌ぐのが良いと考えています。従って東・南面はペアガラス(空気層12o)、西面:Low-Eガラス(遮熱)、北面:Low-Eガラス(断熱)で施工するのが良いのではないのか?と考えています。実体験としてどのように思われるでしょうか?
また、断熱材の使い方等々の記述も大変参考になりました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ