2010/9/8

9月5日  

 なぜならば、あの笑顔が皆の胸の中に生き続けるのだから。


クリックすると元のサイズで表示します




 富沢選手のことは、もてぎで走った地方戦の記憶はありますが、全日本に上がってからはTVやDVDでしか見たことがありません。素晴らしく速いけど転倒も多いという印象でしたが、初開催初優勝のmoto2というクラスが彼に合っていたのかどうか、これからを感じさせるライダーでした。
ご冥福をお祈りするとともに、遺志を継ぐライダー・ドライバーの皆さんの健勝を願って。

3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ