2022/3/18

高橋国光氏の逝去に際して  


2022年3月16日、HONDAからリリースが出ました。
クリックすると元のサイズで表示します Super GT #100 チーム国光の監督を長年勤められ、時折は遠目に拝見したことはありましたが、自分には子ども心にアドバンカラーのフォーミュラに乗る"国さん"の記憶が強く残っています。また某所に来賓として来場されたときの柔和な笑顔も印象的でした。
沢山の記憶をありがとうございます。名残惜しいです、お疲れ様でした。合掌

クリックすると元のサイズで表示します





https://www.honda.co.jp/motorsports/topics/2022/news01/

3月16日(水)、モータースポーツ界に多大な貢献を果たした、高橋国光氏が82歳で逝去されました。

高橋氏は、1960年にHondaへワークスライダーとして加入し、同年に二輪世界グランプリでデビュー、翌年の西ドイツグランプリで初優勝を遂げました。この勝利はHondaにとって世界グランプリ250ccクラスでの初優勝となり、二輪・四輪双方の世界選手権において日本人初の快挙となりました。

その後、四輪レースに転向した高橋氏は国内のさまざまなカテゴリーで活躍し、1977年のF1日本グランプリではスポット参戦を果たし、9位完走という結果を残しました。

1995年には初代NSXをベースにしたマシンで参戦したル・マン24時間レースのGT2クラスで土屋圭市氏・飯田章氏とのトリオで優勝。1999年まで第一線のレーサーとしての活動を続けました。
2000年からは自身が率いる「チーム国光」の監督としての活動に専念し、国内のGTカテゴリーのレースに歴代のNSX-GTやHSV-010 GTで参戦。2018年と2020年にはSUPER GTシリーズGT500クラスでシリーズタイトルを獲得しました。

Hondaのモータースポーツ活動に数々の栄冠をもたらして頂いた高橋氏に対して心から感謝するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ