石川とドライブその2

2010/10/24 | 投稿者: mayfirst

 前回の続きです。

 3日目は金沢市内をあちこち回って見ることに。
 ホテルのレストランで朝食を詰め込み、午前9時ごろにホテルを出発。愛車はホテルの駐車場に置いてバスと徒歩での散策です。最初の目的地である近江町市場はホテルからそう遠くない距離にあったので、散歩を兼ねてのんびり歩いていくことに。今にして思えば、これが失敗だったかも……
 お盆の連休中ということもあって、近江町市場の1階にある店のほとんどはお休みでした。近江町コロッケを食べながら市場内を一通り見て回った後、武蔵が辻のバス停から兼六園シャトルバスにのって次の目的地の兼六園へ。

クリックすると元のサイズで表示します

 兼六園の7か所の入り口のうちのひとつ、桂坂口。

クリックすると元のサイズで表示します
 徽軫灯籠。

クリックすると元のサイズで表示します
 霞ケ池に浮かぶ蓬莱島。

クリックすると元のサイズで表示します
 雁行橋。石の一枚一枚が亀の甲羅の形をしているので亀甲橋という別名でも呼ばれる。
 ちなみにこれを見てまっさきに思い出したのは「ウィンクロン」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
 日本武尊像。

クリックすると元のサイズで表示します
 瓢池……だったと思う。

 ちなみに当日は派手な青色のアロハシャツを着ていたせいか、売店の店員に「アロハ」とか声をかけられたりしました。やはり相当目立つらしい。

 兼六園を見て回った後は、道路を挟んで隣接する金沢城址へ。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 ところで、当日の金沢の天気は曇り時々雨、気温は31℃というあまりよろしくないコンディションでした。そんな雨と暑さと湿気の中で10ヘクタール近い広さの兼六園を歩きまわったせいか、金沢城址を出たころにはヘトヘトに疲れてしまい、これ以上の市内観光は無理と判断。午後の早い段階でホテルに戻ることにしたのでした。朝に近江町市場まで歩いて行ったのも地味に響いたみたいですし。
 ううむ、やはり普段の運動不足が祟ったんでしょうかね。航空自衛隊の航空祭でも同じくらいの距離を歩くのですが、基本的に真っ平らな空自基地と違って兼六園はけっこう坂もあったからなぁ。


 4日目は秋田への帰路。1日目とはうって変って全行程とも穏やかな天気で、特に渋滞にひっかかることもなく帰宅することができました。
 あー……まあ、トラブルというほどのことではないですが、日本海側の海岸沿いを走っていると時折FMトランスミッターに雑音が入るのが少々鬱陶しかったです。トランスミッターにプリセットされている周波数に日本のFM局の電波が混信してくることはほぼなかったのですが、大陸からの(つーかコリアからの)電波が強すぎ……



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ