饂飩とEXPO

2011/10/5 | 投稿者: mayfirst

「そばパスタ」なる乾麺を手に入れたものの、味付けをどうすればいいか分からず途方に暮れているmayfirstですこんばんは。そばに合わせてしょうゆダシベースにすればよいのか、それともパスタソースにすればよいのか……

 秋田県湯沢市で開催された「全国まるごとうどんエキスポ in 秋田・湯沢」に行ってきました。

 全国まるごとうどんエキスポ in 秋田・湯沢
 http://udonexpo.com/

 全国まるごとうどんエキスポとは、秋田の稲庭うどんの他、讃岐うどんや名古屋きしめんなど全国9銘柄のご当地うどんが一堂に会する食のイベントです。

クリックすると元のサイズで表示します

 JR湯沢駅からまっすぐのびる商店街が会場です。

クリックすると元のサイズで表示します

 それぞれのご当地うどんのブースは商店街の空き店舗を利用しています。写真は三重の伊勢うどんのブース。

クリックすると元のサイズで表示します

 ご当地うどんのブースはどこも長い行列ができ、60分待ちがザラという状態でした。特に昼時には混雑を極め、中には150分待ちというブースもあったほど。写真は讃岐うどんのブースに並ぶ行列。撮影したのはイベント開始30分前ですが、この時点ですでに「120分待ち」の表示が出ていました。
 なお、ご当地うどんの購入はチケット式で、3枚つづりのチケット「うどん三杯券」(1000円)を、駅前のブースなどで事前に購入しなければなりません。

 今回集結した全国のご当地うどんは、

・稲庭うどん(秋田)
・名古屋きしめん(愛知)
・氷見うどん(富山)
・吉田うどん(山梨)
・加須うどん(埼玉)
・熊谷うどん(埼玉)
・五島うどん(長崎)
・讃岐うどん(香川)
・伊勢うどん(三重)

 の9銘柄。さらに駅前のテントブースでは山形や岩手のうどんや地元飲食店の創作したオリジナルうどんなども並んでおり、まさにうどんづくしの状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 伊勢うどん。とろみのついたたまり醤油が美味。

クリックすると元のサイズで表示します

 氷見うどん。冷しのぶっかけです。細めの手延べうどんということで稲庭うどんと食感が少し似ていたかも。

クリックすると元のサイズで表示します

 五島うどん。独特の風味があるダシはアゴ(トビウオ)から取ったものだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 吉田うどん。トッピングがキャベツと馬肉という珍しい組み合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

 加須うどん。ネギと油揚げを炒めたつゆが特徴のネギ南蛮うどんです。

 ここまで食べたところで胃袋の限界が来てギブアップ。ハーフサイズとはいえ、さすがに5杯も食べると腹いっぱいになります。
 ご当地うどんのコンプリートこそできませんでしたが、楽しい一日でした。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ