コンビニと進出

2011/12/16 | 投稿者: mayfirst

「食べれる飲めれるコンビニエンス♪」というフレーズを知る人は、さすがにごく少数だろうなぁと思うmayfirstですこんばんは。ヒント:谷

 先日、セブンイレブンが秋田進出に向けて動き出したというニュースを見て、では他のコンビニエンスストアが秋田に進出したのはいつ頃だったのか、ちょっと気になったので調べてみました。

 現在、秋田に展開しているコンビニはローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、ヤマザキデイリーストアの4つ。また、現在はありませんが以前はホットスパーも展開していました。このうち、少なくともヤマザキデイリーストアとホットスパーは自分が学生(20年以上前)の頃にはすでにあったような記憶があるのですが……
 結果から言うと以下の通りになります。

 ファミリーマート:2005年
 ローソン:1997年
 サンクス:1995年
 サークルK:1990年
 ホットスパー:1984年(2004年秋田県の全店舗をローソンに移譲)
 ヤマザキデイリーストア:1983年以前

 ローソンの進出が90年代だったのは意外でした。
 ホットスパーとヤマザキデイリーが進出したのは自分が小学生の時ですが、その頃の行動範囲に両店舗がなかったからか、あまり印象に残っていません。中学生に進学してからは、部活動や学習塾で夜遅く帰宅する途中によく立ち寄ったんですけどね。
 社会人になって一人暮らしをしていた頃は、あまりコンビニを利用していなかったような記憶があります。その頃秋田で展開していた惣菜屋チェーン店を利用することが多かったのと、そして何より、基本的に朝食・夕食とも自分で作ることにしていたからですね。今にして思えば、当時どうしてあんなに自炊にこだわっていたのか不思議に思うことがあります。
 そのおかげか、今でもときたま包丁を握りたくて仕方が無くなることがあるのですが。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ