ドライブと大噴湯

2012/7/3 | 投稿者: mayfirst

 最近、ドライブに出かけると何故か行く先で雨に降られるmayfirstですこんばんは。今年の自分はどうやら雨男のようです。

 秋田県湯沢市にある小安峡までドライブしてきました。

 前日の夕方仕事が終わった後に出発し、200kmほど走って小安峡にいちばん近い「道の駅おがち」にて車中泊。
 翌朝7時ころに道の駅を後にし、一路小安峡へ。

クリックすると元のサイズで表示します

 小安峡は皆瀬川の侵食でできた長さ8キロメートル、深さ50メートル近い峡谷です。駐車場から崖づたいにある200段近い階段を経て谷底に降りていきます。さすがに早朝だけあって、他の観光客は誰もいません。
 遊歩道をしばらく歩いていくと……

クリックすると元のサイズで表示します

「大噴湯」に到着。絶壁の岩間から温泉の蒸気が激しく噴き出している、小安峡の名所です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 湯気で何が何だか分からないよ。

 絶景を堪能した後、再び200段近い階段を上って駐車場へ戻ります。膝が笑うという感覚は久しぶり。

 帰り道の途中でもう一度道の駅おがちに立ち寄り、レストランの開店を待って昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

 いただいたのは手揉みぜんまいを卵とじにした「手揉みぜんまい卵丼」。実は、今回のドライブはこれを食べるのが目的だったりします。小安峡はどちらかというとついでです。
 ぜんまいの味と出汁がとてもマッチしていて、たいへん美味でした。店によれば丼ものの売り上げ1位は比内地鶏親子丼で、今回いただいた手揉みぜんまい卵丼は2位とのことでしたが、個人的には手揉みぜんまい卵丼がお勧めです。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ