ドライブと厳美渓

2012/10/19 | 投稿者: mayfirst

 ソニーのカーナビ事業からの撤退がちょっとショックだったmayfirstですこんばんは。今使っているのも、せいぜいあと3〜4年でお払い箱かなぁ。

 先の連休に岩手県の厳美渓までドライブしてきました。

 厳美渓は岩手県一関市にある国の名勝です。栗駒山を源流とする磐井川の中流にある、全長約2キロメートルの渓谷で、古くから景勝地として親しまれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

 渓谷に架かる天工橋から。

クリックすると元のサイズで表示します

 天工橋から川下にある御覧場橋から。

クリックすると元のサイズで表示します

 御覧場橋は吊り橋です。
 変化に富んだ奇岩は見ていて面白いのですが、いかんせん規制線のロープが川岸よりずっと手前に引かれているため、ダイナミックな渓流を間近で見られないのが残念。遠目で見ているだけではすぐに飽きてしまいます。崖っぷちから覗く急流は迫力があって面白いと思うんですけどねぇ。

 道の駅厳美渓に立ち寄って昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

 8種類の味の餅を楽しめる和風もちセット(850円)。一関名物の餅料理です。
 まっぷるによれば、一関ではひと口大の餅にずんだや餡などを絡めたものを数種類出す「もち膳」というのが、最高のおもてなしなんだとか。
 なお、写真のもちセットは、奥左から「ごま」「あんこ」「ずんだ」、中段左から、「いなり」「付け合せの大根おろし」「生姜」、手前左から「海老」「かぼちゃ」「くるみ」です。

 昼食後、次の目的地である歴史公園・えさし藤原の里に向かいます。

 次回に続きます。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ