給食と記憶

2015/1/29 | 投稿者: mayfirst

 最近の昼食は麺類ばっかりのmayfirstですこんばんは。たまにはパンが食いたい。

【20〜60代に調査】給食で大興奮したメニューは? 全世代カレー1位を阻止したのは○○○!(しらべぇ)
 http://sirabee.com/2015/01/28/16053/

 みんなよく給食のメニューを覚えているなあ。自分はほとんど思い出せないですよ。

 カレーとプリンの首位争いという結果になったのは、どちらも子供にとってはちょっとした贅沢品だからと推察。30代以降に挙がっているソフト麺と揚げパンは、どちらかというとノスタルジーの部分が大きいと思います。双方とも口にするのは小学生の頃だけでしょうし。あと、どちらもたまにしか出てこないレアメニューだったからというのもあるかもしれません。
 
 自分の話をすると、ワクワクするほど好きだったメニューは思い出せませんが、逆に「これはどうしてもダメ」というメニューは覚えています。それは納豆。実は小学生の頃は納豆が苦手だったんですよ。あと、給食とはあまり関係ありませんが、同じく小学生の頃には小倉あんがどうしても食べられませんでした。どちらも中学校に進学したのち克服し、今ではすっかり好物になりましたけど。
 他にも印象に残っているメニューはわかめごはん、ソフト麺、それと福神漬け。福神漬けが記憶に残っているのは、クラスメイトの間で「しんしん」と呼ばれて妙に人気があったから。小分けパッケージに「しんしん」と書かれていたので皆そう呼んでいたのですが、それが製造メーカーの名前だと知ったのは社会人になってからのことでした。
 わかめごはんとソフト麺は、上記にも書きましたがいわゆるレアメニューということで印象に残っています。

 さて、給食は好きだった割に全然記憶に残ってない自分ですが、小学生の6年間のうちで、1回だけすべてのメニューを思い出せる日があります。
 その日は1983年(昭和58年)5月27日。日本海中部地震の翌日です。前日の地震で水道管が破損したせいで給食室での調理ができなくなり、その日は外注の簡易メニューになったのです。当日のメニューはコッペパン、牛乳、鶏もものローストの3種のみで、当時はあまりの寂しさに「なんじゃこりゃー」と思ったものでした。

趣味



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ