犬と対処

2015/9/15 | 投稿者: mayfirst

 犬より猫派のmayfirstですこんばんは。ネコミミ娘ももちろん大好きです。

 飼い主に犬かみつき、警官3人が拳銃13発 松戸(朝日新聞デジタル)
 http://www.asahi.com/articles/ASH9G3JKXH9GUDCB00L.html

 千葉県警:人襲った犬に拳銃13発射殺…「使用は適正」(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/select/news/20150914k0000e040110000c.html

 警察官が人襲った体長120センチ「紀州犬」に13発発砲し射殺 千葉県警「拳銃使用は適正」…住民「バンバンバンの銃声、テレビ番組かと…」 千葉・松戸(毎日新聞)
 http://www.sankei.com/affairs/news/150914/afr1509140024-n1.html

・事件が起きたのは時間は深夜2時頃。

・「女性が犬に噛まれた」と110番通報。

・警官3人が駆けつけると、犬が飼い主の男性(71歳)に覆いかぶさって噛み付いていた。

・警官が「離れてください。拳銃を使います」と呼びかけ、飼い主は自力で犬を振り払う。

・犬は今度は警官たちに向かってきたため、拳銃を発砲。

犬はひるまず襲いかかってきたので、警官はさらに発砲。

・13発めの発砲で犬は倒れた。

 以上を鑑みると、

・時間は深夜で辺りは暗く、射撃に向いた環境とは言えない。
・中型犬といえ、正面からみた紀州犬のシルエットは人間のそれよりはるかに小さい(射撃の的としては小さい)。
・犬はこちらに突進しているのでのんびり狙いをつけている暇はない。
・そもそも銃身の短い拳銃は精密な射撃に向いていない。

 つまり、犬のような小型で素早く動く目標に拳銃を命中させるのはとてもむずかしいのです。実際、のちに現場で弾丸の捜索が行われていることから、発射された13発の弾丸全部が命中したわけではなさそうですし。
 さらに、

・人間なら銃口を向けられたり威嚇射撃をされたら怯むこともあろうが、興奮している獣に威嚇は通用しない。もちろん説得も通用しない。
・同じく、興奮している獣は弾丸が頭に直撃でもしないかぎり、一発程度命中しても即座に無力化することはできない懸念がある(出血多量で意識が無くなる前に人ひとりくらい噛み殺せるかもしれない)。

 すなわち、興奮した猟犬というのは「弾を当てるのが難しい」「銃口を向けても怯まない」「一発くらい弾が当たったくらいでは無力化しない」相手なのですから、13発の発砲というのはべつにオーバーキルでも何でもなく、むしろ極めて妥当ではないかと思うのですよ。警棒で立ち向かえとか脚を狙って動けなくしろという意見が見られましたが、拳銃というリーチのある武器があるのにわざわざ犬のもっとも得意とする近接格闘戦で立ち向かうのは愚の骨頂でしょうし、犬の足のような細い標的に拳銃を命中させるのはたぶんネイビーシールズでも至難の業。それに、手負いの獣がより凶暴さを増すというのはフィクションでもよく語られていることで、下手に傷をを負わせて取り押さえるという行為は、もっともやってはいけないことではないかと。

 ……とはいえ、ツイッターを覗いてみると、犬に発砲した警官の判断を批判する意見もそれなりにあるわけで。
 中でももっとも尖っているなぁと思ったのがこれ。


「犬がかわいそう」というより「人間より犬の方が大事」というニュアンスが感じられてなんともロック。
 一応反論するとすれば、

飼い主が射殺を許可しているのか
→後に飼い主が警官に許可を出していたことが報道された。

なぜ警察は飼い主の老人の汚点を見つけようと必死なのか
→「汚点を見つけようとしている」というのがどういう意味かわからないが、飼い犬が他人にケガを負わせたら責任は飼い主にあるわけだし、警察の取り調べを受けるのは普通ではないかと。

警官たちは犬の種類について詳しかったのか
→まさに目の前で人が犬に襲われている以上、その犬がどんな種類であろうと警官の対応は変わらなかったのでは。

犬対策をする暇があったのか
→110番通報の内容は「女性が犬に襲われた」。警官が駆けつけてみると飼い主が犬に襲われている。犬対策の準備をしている暇はなかったと考えるのが妥当。

警官のうちの誰かは上に連絡をとったのか?
→目の前で人が犬に襲われているにも関わらずのんきに上に報告している警官がいたら、むしろそっちのほうが無能。

犬に噛まれても抑えこむ勇気は?
→喉笛を噛まれたら死ぬよ。それに、もしあの場で警官が全員犬に倒されたら、一体誰が犬を取り押さえるの。

犬の命をなんだと思っているのか
→犬に襲われている人間の命を何だと思っているのか。



趣味



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ