誤読と指摘

2017/1/29 | 投稿者: mayfirst

「超タトイ云」では、政治的な話題についてあまり触れないようにしているmayfirstですこんばんは。たぶん、そういう柄ではないと思っていますので。

 先週の話題ではありますが。

 安倍首相「でんでん」発言トレンド入り そういえば麻生元首相も...(J-CASTニュース)
 http://www.j-cast.com/2017/01/25288920.html?p=all

 実のところ、ツイッターではトレンドに載るくらい話題になったのに対し、マスコミにはさほど注目されることなく収束してしまった感があります。特に、かつて麻生政権のときに起きた、首相の漢字読み間違いに関する騒動を知っている身としては拍子抜けと言ってもいい。

 時の首相が漢字を読み間違えたことについてことさらに騒ぎ立てるのは、小学生以下の子供がやるような――と書けば当の小学生たちに叱られるかもしれませんが――実につまらないことだと思います。が、しかしそれ以上にある種の危うさがあるとも思うのですよ。
 つまり、それは自分たちは政府与党が打ち出す政策を分析し批判することができず、せいぜい漢字の読み間違いくらいしか指摘することができないと言っているのに等しいのではないのかということ。それって完全に敗北宣言ですよね。
 政策を批判する能力が欠けているのか、それとも政策に非の打ち所がなく、批判のしようがないのか、いずれにしても首相の漢字の読み違いを批判すればするほど、自分の無能さをさらけ出すことになってしまい、ひいては世間一般からの信用を失うことになるのではないかと思うのです。
 少なくとも、麻生政権の時には、自分はマスコミに対してそういう感想を抱きました。そして、今回マスコミが黙っているのは、ちょっとは学習したのかなと思っています。まあ、現時点で与党の支持率が高いので、つまらないことで与党を叩くと世論の反発を受けると判断しているのかもしれませんが。

 ところで、この件に関する野党議員の反応ですが。




 さすがにこれはひどい。



趣味



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ