薔薇乙女と病

2006/2/22 | 投稿者: mayfirst

クリックすると元のサイズで表示します
 『ローゼンメイデントロイメント オリジナルドラマCD』を購入。

 本編の『病』は、風邪を引いてしまったジュンの世話をしようとする薔薇乙女たちのドタバタ劇。前回の『探偵』と比べて登場人物がかなり増えたせいか(前回のキャストに加え、金糸雀、薔薇水晶、巴、めぐ、みっちゃん、ラプラスの魔が登場)、やや話にまとまりが欠けてしまった印象があります。次々とキャラクターが登場しては退場していく逐語的な展開になってしまったのはちょっと残念。あと、水銀燈は大方の予想通り前回『探偵』のネタを引っ張ってきました。くんくん〜、ぽっ。

 ボーナストラックの番外編は、『薔薇水晶・改造計画』における槐と白崎の壊れっぷりが面白すぎです。あと、薔薇水晶のささやくような声で「〜にゃ」とか「むっきー」とか言われるとかなりぞくぞくとキます。


 それではリアクション執筆を続けます。うーん、辛い。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ