秘密とふゆこみ

2007/6/19 | 投稿者: mayfirst

 どっ突き@はむ太郎って……


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『乃木坂春香の秘密6』
 著:五十嵐雄策 メディアワークス電撃文庫

 前半は“ふゆこみ”のエピソード。成り行きとはいえついに買い手から売り手にシフトチェンジすることになった裕人と春香の二人が、相も変わらずやきもき度120パーセントないちゃつきぶりを見せてくれます。
 んで、後半の「クラスメイトで年越&初詣に行こう」エピソードにおいて、先の二人の関係がちょびっとだけ進展。でも、双方とも微妙に名言を避けているような感じがするんですよねー。あー、歯が浮く。
 また、ある出来事からクラスメイトの椎菜が裕人に対する想いに気づいたりと波乱を予想させる展開も。やはりこのテの恋愛モノでは、順風満帆に事が進むわけありませんな。


 ところで、最後のあたりにあった「裕人が女の子に衝突される」というイベントは、やはり次巻以降で「春香が成り行きで声優に初挑戦!」という展開の前フリなのでしょうか? なんでもラジオドラマ化が決定したということですし……


 Amazonでチェック→乃木坂春香の秘密 6 (6)



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ