不覚と北風

2007/11/6 | 投稿者: mayfirst

 ええと、不覚にもゲームで涙を流してしまったですぅ。


 と、いう訳で、先日よりプレイしていた『North Wind』をひとまずクリア。初回のエンディングは儚エンド。ええ、「メガネ」で「背丈が低く」て「(主人公より)年下」の女の子は大好きですとも!(←結局そうなのか)
 ちなみに、儚とはこんな娘↓
 クリックすると元のサイズで表示します

 で、最後に主人公が展覧会で写真を見ながら涙を流すシーンで、不覚にもうるっときてしまったわけですな。「フィクションで涙を流したのは『アルジャーノンに花束を』(もちろん小説の方)だけ」というのがちょっとした自慢(?)だったんだけどなぁ。ううむ、ゲームといえども侮れん。


「あれ、でもこのシーンってGuGuガンモ(原作)の最終回と同じシチュエーションじゃん」などと思ってしまったのは抜群に秘密の方向で(笑)


 ところで、第1章のタイトルが『Last Letter』で、登場人物の中に『沖田先輩』が出てきた瞬間に「ネタか!?」と思ってしまったのは私だけですかね?



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ