秘密とおんせん

2008/1/24 | 投稿者: mayfirst

 アニメ化っスか……


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『乃木坂春香の秘密7』
 著:五十嵐雄策 メディアワークス電撃文庫


 舞台が温泉ということで、その手の物語ではありがちなアレやコレがあったり(メイド対ニホンカモシカのガチ勝負といった「乃木坂ならでは」なイベントもありますが)、その合間にアニメ化がらみのネタでなぜかあの人が出てきたり、二人の関係は相変わらずで進展がほとんどなかったりと、一言で申せば今までとほとんど変わらんよなぁ、という感じです。脇のキャラクターのインパクトが強すぎて肝心の春香がらみのエピソードの印象が薄れつつあるのも同じですし(笑)


 言うなれば、今回のストーリーでの最大の進展は、椎名の本気スイッチがついに入ってしまった、ということでしょうか。7巻にしてようやく本気の恋のライヴァル登場、というわけですな。ずいぶんスローペースな気もしますが、これも乃木坂テイストというところか。


 Amazonでチェック→乃木坂春香の秘密 7 (7) (電撃文庫 い 8-13)



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ