キャベツとやきそば

2008/4/29 | 投稿者: mayfirst

【うちの街が全国トップ】キャベツ(秋田市) (ゲンダイネット)
http://gendai.net/?m=view&g=wadai&c=050&no=18467

 何がトップなのかというと、キャベツの消費量が(たぶん全国の都道府県庁所在地の中で)トップということですね。生産量ではありませんよ。

>「東北の家庭は自家製の漬物をよく作りますが、秋田ではキャベツの浅漬けは定番のひとつ。また、キャベツの千切りとトマトのサラダも家庭でよく食べますから、そのせいかもしれませんね」(JA秋田やまもと)
 
 これは的を射た意見だと思う。
 でも、次の一文だけは納得いかない。

>秋田人は焼きそば好きなんです。みんな週に1回は食べてるんじゃないですか。焼きそばには必ずキャベツが入りますからね」(秋田市のOL)

 嘘をつくな。

 どこの統計に秋田県人が平均週一ペースで焼きそばを食しているというデータがあるのだ?
 それは単に自分が好きだからじゃないのか?
 だいいち、もしこのOLの言葉が真実なら、やきそばの麺の消費量も秋田は高くなければいけない。でも、総務省の統計調査では、秋田は「乾うどん・乾そば」の消費金額は高いものの、他の麺類はそれほど高い数値にはなっていない。
 みのもんたが司会をやっている日テレの某番組もそうだが、こういうテキトーな意見をまるで事実のように掲載されるのは、地方の人間とって実に迷惑である。
 秋田でキャベツ消費量の多い理由は、

>消費量では全国トップだが、消費金額は14位(年間2475円)。キャベツが安いからたくさん食べられるということか。

 ということなのだろう。要するに、キャベツは手軽で安価な食材だからたくさん食べられているというわけだ。



 ところで、他の県ではキャベツの千切りをサラダで食べることはしないのかな?



2008/5/2  10:08

投稿者:mayfirst

>べに龍さま
 いくつか補足を。
 まずゲンダイネットの記事ですが、こちらは総務省の家計調査を元に書かれているようです。で、家計調査ではお好み焼きを店で食べた時の金額は「外食」にカウントされるので、市民一人当たりの純粋なキャベツ消費量はまた違ってくるかもしれません。

 で、キャベツの千切りに関しましては、たとえばトンカツの付け合わせのようにいわゆる「サブ」の食材ではなく、「サラダ」のようにキャベツの千切りそのものをメインの食材として食べるというのは珍しいことなのかを知りたかったんですね。別のところで聞いた限りでは、やはり「揚げ物等のつけあわせ」として考えている人は多いようですが。

2008/5/2  6:48

投稿者:べに龍

キャベツの千切りは全国どこでも食べると思いますが。
「焼きそば」説が本当…なら、お好み焼きも含めて、大阪は、あるいはお好み焼きにもっとたくさんキャベツの入る広島は、どうなるんだ?
と、思いながら読みました。
安くて使えれば買うんですよね。結局。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ