ヤマトとファイト

2008/5/31 | 投稿者: le1ermai

 見よ、東方は(色んな意味で)赤く燃えている!!


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 『世界戦艦大和列伝』上・下
 著:吉田親司 銀河出版G-NOVELS


「色々あって大和型戦艦の設計図が世界に流出した結果、列強各国が国の特徴丸出しの46センチ砲搭載戦艦を建造してしまった世界」で第2次世界大戦が起きるという設定の、Gガンダムテイストあふれる(笑)仮想戦記。物語の世界では46センチ砲搭載戦艦を撃沈できるのは同じ46センチ砲搭載戦艦のみというルールが貫かれているため(一部は航空機にとどめを刺されていたりしますが)、各国の46センチ砲搭載戦艦――ヤマト級は、まるで運命の手に引き寄せられるように相対し、死闘を繰り広げます。
 ヤマト級戦艦を建造したのは、日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・イタリア・フランス・オランダ・ソ連の8か国で、それぞれ偽装煙突に秘密兵器を隠していたり、艦橋の前面に風車(発電用)が付いていたりとやはりみなトンデモ仕様。設定を聞いて鼻で笑っていた人間も、読後は腹を抱えて笑えてしまうような笑撃の作品でした。


 Amazonでチェック→
世界戦艦大和列伝〈上〉46センチ砲の系譜 (GINGA‐NOVELS)
世界戦艦大和列伝〈下〉大艦巨砲よ、永遠なれ (GINGA‐NOVELS)



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ