イラストと選択肢

2009/3/14 | 投稿者: mayfirst

 大学時代の後輩がイラスト主体のコピー本を刊行する企画を進めていて、私もゲストとしてイラスト原稿を寄稿する約束をしたのですが、よく考えたらあっしはそもそも文章書きな人間であり、イラストは下手の横好きどころか「人様に見せられるレベルじゃねーぞ!」ってな画力しかないのに本当に大丈夫なのだろうかとちょっと不安に思っているmayfirstですこんばんは。
 とはいえ、本家「五月一番亭」で手前の下手っぴなイラストを使いまくっているし、今更悩むことはないですな。

 さて、件のコピー本ですが、何でもテーマがゲーム(念のために言うとコンピュータゲーム)っつーことになりそうなのですが、ここで問題が一つ。

 最近、ゲームを全然プレイしていないのですよ。

 いちばん最近にプレイしたゲームといえば、某怪盗で天使なパチスロの公式サイトで無償ダウンロードしていたノベルゲームくらい。レッツゴーフィヴァタイムッ!! あー、あとたまにアーケードの「アフターバーナークライマックス」をプレイしていますか。でも、今の私の画力でメカものはけっこう無謀だからねぇ。
 うーむ、最近のゲームがダメとなったら、残る選択肢は過去にハマったゲームとなりますな。「プライベートアイドル」「ひみつ戦隊メタモルV」「虹色町の奇跡」「鉄騎」「THEメイド服と機関銃」……つか、なにこの微妙にマイナー路線なラインナップは。作画用の資料を集めるのにずいぶん苦労しそうだ。
 最近はコミックやアニメやらとのタイアップが多いから、例えば「ローゼンメイデン」や「乃木坂春香の秘密」でも……って、さすがにそれは怒られるか。でも逆にゲームは未プレイだけどアニメ化やコミック化されたものは見たり読んだりしているというので攻めるのもいいかもしれませんね。であれば人生や余生や一連の型月作品を描くのもいいかもしれない。
 なんだ、けっこう選択肢があるじゃんよ。


 まあ、ここまで長々と書いておいてナンですが、実を言いますと「描けるかどうか試してみたい」ジャンルが一つありまして、まずはそれに挑戦し、もしそれがうまくいかなかったら上記の選択肢からどれかを選ぶという方向で進めるつもりであります。ここ半年くらいペンタブ握っていないですから、来月に時間が空いたらすこし練習しておかなければなりませんな。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ