PBeMと停滞

2010/4/10 | 投稿者: mayfirst

 参加していた同人PBeM「CMP」が、第1回リアクションを公開することなく休止してしまいました。
 細かい論評は避けますが、休止に至る一連の流れを見る限りでは、マスターに「リアクションを執筆する能力」はあっても、「個人サイトを管理・運営する能力」には欠けていたというのが原因でしょう。

 話は変わりまして。
 実は先月から周囲の環境が変わりまして、自分の時間をとることが難しくなってしまいました。
 今の環境に慣れて生活に余裕が生まれてきたら同人PBeMの次回作の企画を進めたいと考えていますが、しばらくそっち方面に手をつけるのは無理そうです。

 仮に次回作をやれるとしたら、オリエンタルファンタジー(「うたわれるもの」とか「ブルーフォレスト物語」っぽい感じ)かタイムスリップものをやるつもりでいます。
タグ: PBeM



2010/4/11  20:45

投稿者:mayfirst

>6月様
>個人サイトを管理・運営する能力
 テーブルトークRPGのコンベンション会場で、初対面のプレイヤーを相手にゲームマスターをやるときの気遣い、と言えば分かりやすいでしょうか。初対面の相手に失礼にならない程度の礼儀正しさと誠実さをもってあたれば、大きなトラブルはあまり起こらないと思います。

>今でも大切な宝物です
 ありがとうございます。そう言っていただけるとゲームマスター冥利に尽きるというものです。

2010/4/11  11:42

投稿者:6月

文章だけ書いてアップすれば良いというものではないのですね。
いちおうサイトは持っているのにそのあたりの事情がまるで分かっていない私です。
途中で止まって消えてしまったPBM数作を思い出してしまいました。
PCもアクションも思いを込めて作るものですから、それがナシになるのは哀しいですよね。
『雪色の妖精』は最後までトラブルなく終われて、本当に良かったです。
あの大部のリアと、尾上奈留香という少女の存在は、今でも大切な宝物です。
次回作は気長にお待ちいたしております。

http://blog.livedoor.jp/m-94_23564/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ