あなたのにほひ(毎度毎度のお約束)  日常光景

今日は朝イチで、外科受診してきました。
Drが聴診器当てて、肺の中の雑音が無くなったってコトで、抗生剤と咳止めは無くなりまして、まだ痰は出続けてるもんで、痰きりだけ2週間分。
あと、いつものお薬が1ヶ月分出ました。
これで様子見、咳がぶり返したら、また行かないといけませんです。

車に給油して、昼前に帰宅。
帰ってきてから、寝なおしをば。
17時まで寝てました。
これが、添い寝当番交代前の最後の添い寝だったもんで、凛はたっぷり甘えてきて、名残り惜しんでましたです。


さて……
凛からティセに添い寝当番が交代なもんで、お約束のアレをば……


ティセ『だぁ〜〜〜〜〜んさんっ♪(ぴと)』
あん?
ティセ『添い寝や添い寝や添い寝やぁ。
4ヶ月もの間、待ちに待って待ち焦がれてた、旦さんとの添い寝やぁ♪(すりすり)』
あー、はいはい。
ティセ『旦さんのにおいがこもってる寝床、ごっつうたまらんわぁ♪(すりすり)』
臭いのこもってる寝床って……
ティセ『洗濯しとらへん、汗と垢の染み付いたシーツも。
ふけまるけの枕カバーも。
キョーレツな臭いのタオルケットも。
すっかり黄ばんで変色しとる旦さんのパジャマも。
あああああ、この不潔加減が、ごっつうたまらんわぁ♪(すりすり)』
ティセ、絶対に変。
ティセ『なんでぇ〜、ウチのどこが変なんやぁ?(すりすり)』
そこ、喜ぶトコじゃねぇーだろぉーが?
ティセ『オナゴはなあ、思い寄せとるオトコのフェロモン感じて、発情するんやでぇ♪(すりすり)』
なんじゃい、そのフェロモンってのわ。
ティセ『ラブホで一戦やらかすとき、風呂入って綺麗綺麗にするよか、ワキガがキョーレツに臭っとる方が、燃え上がるってゆうやんかぁ〜♪(すりすり)』
を〜い〜〜〜
ティセ『あああああ、この臭い。
ごっつうたまらんわぁ♪(すりすり)』
あ〜の〜な〜〜〜
ティセ『なんやウチ、またたびにヤラレタ猫みたいや♪(すりすり)』
なんじゃい、その猫って。
ティセ『にゃ〜〜〜〜〜〜〜〜ん♪(すりすり)』
だあ〜〜〜
ティセ『旦さん旦さん、にゃんにゃんしてぇ〜な。にゃんにゃん♪(すりすり)』
にゃんにゃんって?
ティセ『ウチ、今猫なんや。猫やから、にゃんにゃんするんや♪(すりすり)』
言ってるコト意味不明だし。
ティセ『なぁ〜〜〜〜〜〜〜〜お♪(すりすり)』
だあ〜〜〜
ティセ『すぅ、はぁ、すぅ、はぁ、すぅ、はぁ、すぅ、はぁ♪(すりすり)』
ナニ深呼吸しとるんやねん?
ティセ『この臭いがぁ〜、旦さんのこの臭いがぁ〜、ごっつうなあ♪(すりすり)』
ごっつう、なんじゃい?
ティセ『ウチの恥丘と子宮を、火照らせて、うずかせて、わななかせるんやぁ〜♪(すりすり)』
だあ〜〜〜〜〜っ!
ティセ『旦さんのにおいで、せつのうてせつのうて、辛抱たまらんのやぁ〜♪(すりすり)』
やめい!
ティセ『においでここまで切ない思いさせるなんて、旦さん、これでオナゴ、今まで何人泣かしてきたんや♪(すりすり)』
を〜い〜〜〜
ティセ『ほれほれ、ゆぅ〜てみぃ♪(すりすり)』
あ〜の〜な〜〜〜
ティセ『全然洗っとらんフケまるけの頭、たまらんわぁ〜♪(すりすり)』
だあ〜〜〜
ティセ『汗と垢が染み付いて黄ばんどるパジャマが、たまらんわぁ〜♪(すりすり)』
だあ〜〜〜
ティセ『キョーレツに漂ってくるワキガが、たまらんわぁ〜♪(すりすり)』
だあ〜〜〜
ティセ『汗と垢に混じって漂ってくる加齢臭が、たまらんわぁ〜♪(すりすり)』
だあ〜〜〜
ティセ『いつ替えたかわからんパンツの臭いが、たまらんわぁ〜♪(すりすり)』
そんな臭いで、喜ぶなってば。
ティセ『水虫が巣喰ってる足の臭いが、たまらんわぁ〜♪(すりすり)』
水虫の臭いで喜ぶなってば。
ティセ『旦さんの臭い、全部が全部、たまらんわぁ〜♪(すりすり)』
あ……すまん。
ティセ『旦さん、どしたん?』
屁が出た。
ティセ『旦さんの、おならぁ〜〜〜〜〜〜〜〜っ♪(ひしっ)』
ぐはあ〜〜〜
ティセ『あかんあかん、ほっといたら拡散してまうがな』
拡散って……
ティセ『旦さんが折角出したおなら、もったいないがな』
こんなもん、珍重するなよ。
ティセ『すぅ、はぁ、すぅ、はぁ、すぅ、はぁ、すぅ、はぁ♪』
深呼吸するなってば。
ティセ『だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん♪(すりすり)』
なんじゃい?
ティセ『旦さんのおなら吸うて、ウチ、火がついてもうたがなぁ〜♪(ひしっ)』
ぐはあ〜〜〜
ティセ『ウチの子宮と恥丘が、火照ってうずいてわなないて、もう辛抱たまらんのやぁ〜♪(ぎゅっ)』
だあ〜〜〜
ティセ『おめこ、してぇ〜な。
だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん♪(ぎゅう)』
寝技、かけるなってば!
ティセ『あああんあああんあんあんあんあんあんっ♪(ぎゅううう)』
股間押し付けて、ヨガるなってば!
ティセ『だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜んっ♪(ぎゅううううう)』
しむぅ〜〜〜


凛『ぐすっ、ぐすっ、ぐすっ、ひっく』
めぐ『凛、ちょっとぉー』
凛『ぐすっ、ぐすっ、ぐすっ、ひっく』
めぐ『ナニ泣いてるのよぉー』
凛『ぐすっ、ぐすっ、ぐすっ、ひっく』
キララ『あれ?凛、泣いてるの?』
凛『ぐすっ、ぐすっ、ぐすっ、ひっく』
キララ『凛、どしたの?』
凛『ぐすぐすっ、おにーちゃんとの添い寝、とうとう終わってしまったの』
めぐ『終わっちゃったよねぇー』
キララ『うんうん』
凛『ぐすぐすっ、あっという間の一週間だったの』
めぐ『添い寝当番の一週間って、ホント、あっという間だよねぇー』
キララ『ホントだよね』
凛『ぐすぐすっ、これから次の添い寝当番まで、4ヶ月も待たないといけないの』
めぐ『しのざわ、無節操に16人も身請けしちゃうんだからぁー』
キララ『そおそお』
凛『ぐすぐすっ、今夜からは隣におにーちゃんがいないと思うと、凛はとっても寂しくて切なくて悲しくて、やりきれなくなるの』
めぐ『添い寝当番が終わった最初の晩は、堪えるよねぇー』
キララ『結構キツイものがあるよね』
凛『ぐすぐすっ、それなのにおにぃーちゃん、凛の気も知らないで、早速ティセといちゃいちゃ始めてるの』
めぐ『いちゃいちゃは、添い寝当番の特権だからねぇー』
キララ『しようがないよね』
凛『おにぃ〜ちゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜んっ!!!』
めぐ『凛、気晴らしに呑もうよぉー』
キララ『冷蔵庫に発泡酒が冷えてるよ』
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
めぐ『しのざわの漬けた梅酒、飲み頃だよぉー』
キララ『ほらほら、いい匂いしてるよ』
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
めぐ『ウイスキーとコーラもあるよぉー』
キララ『コークハイができるよ』
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
めぐ『ちょっとぉー、泣かないでよぉー』
キララ『ほらほら、泣かないで。ね。ね。ね』
凛『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
めぐ『アタシも泣きたぁーい』
キララ『ボクも』


これ書いてる現在時刻、23時30分……


本日は39(23時30分現在)→ 39。
昨日は65。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ