195000HIT&今日も下宿の片付け&えろ漫画&腰痛&風呂&不潔なおにぃーちゃん嫌い  キリ番

まゆ『かんちょぉ〜〜〜』
あん?
まゆ『裏日記のアクセスが、195000になってるのです』
あ……195000、ぴったりだな。
まゆ『キリ番19万と20万の。丁度中間点なのです。
20万の大台に向けての、折り返し地点なのです』
そうなるかな。
まゆ『18万から19万になるときには、10ヶ月弱かかってるのです。
19万は、去年の11月6日だったので、ええと、ええと、ええと……
あれから4ヶ月なのです』
そうなるかな。
まゆ『4ヶ月の倍は8ヶ月ですから、19万のときよりも、ピッチが上がってるのです。
それだけ大勢大勢、お越し頂いてるのです』
ありがたやありがたや、じゃな。
まゆ『ここはここは、感謝の気持ちを込めて、ちょっとしたお祝いを、しましょうしましょうしちゃいましょうなのです♪』
引越し準備の下宿の片付けで、それどころじゃねぇ〜〜〜
まゆ『艦長の、けちぃ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
だあ〜〜〜〜〜!
まゆ『キリ番中間点のお祝い、しましょ〜よぉ〜〜〜
かんちょぉ〜〜〜〜〜〜〜〜』
ぐはあ〜〜〜

下宿の片付けから帰ってきて、パソコンを起動したのが、23時半。
偶然なんですが、丁度、195000になってました。
20万の大台まで、あと5000です。
これも、お越し頂いてる、皆様のおかげです。
今のペースだと、20万の大台は、7月頃でせうか?
いつも、ありがとうございます。
まゆ『ありがとうございますなのです♪』
今後ともよろしく、お願いいたします。
まゆ『お願いいたしますなのですっ♪』
んだ。


さて……
今日も、下宿の片付けに行ってきました。

ゆんべはだらだらオモテとココ裏日記を書いてまして、オモテを更新したのが、午前3時過ぎ。
ココ裏日記の更新は、3時45分になってました。
更新を終えたら、さっさと寝たら良かったんですが、いつもの如く、ラジオ深夜便を聴きながらパソコンをぼへらぁ〜と眺めてだらだらしてまして、パソコンの前から立ち上がったのは、5時時半。
のろのろ歯を磨いて、寝床には入ったのは、6時半になってました。
寝床で待ってた凛は、こんなにも心配してるのに、毎晩夜更かしして、ちっとも解ってくれないって、怒った泣き顔になってました。
横になって凛をはぐはぐしてる間に、なんとかじきに寝入りましたです。

昼過ぎの13時に起きるつもりだったんですが、12時半には、目が覚めてしまいました。
寝過ごすリスクも計算して、少し早めに凛が起してくれましたです。
すぐに起きれば良かったんですが、寝床の居心地が良かったもんで、寝入らないようにカフェインドロップ舐めながら、1時間ばかり寝床でもそもそして、13時半に起きるコトにしました。
今日は、体調はそれ程悪くなかったので、凛は片付け頑張ってねって感じの、穏やかな顔つきでした。
起してくれたお礼を凛に言ってなでなでして、起きて薬を飲み、身繕いをして、14時に外出しましたです。

マックスバリュに寄ってダンボール箱も調達し、レンタルコンテナに行き、昨日に持ち帰ったビデオを詰めたダンボール箱1個とゲーム(エロゲ)を入れたダンボール箱2個コンテナに入れました。
それから、サークルKに寄って、オロナミンCを飲んでカフェインを補給して、古紙回収業者さんのところに行き、昨日持ち帰ったダンボール箱2個分の古雑誌を出してきました。
この時点で15時丁度。
瀬戸の下宿に向かいました。

下宿には、16時25分に到着。
道路がちょっと混んでて車の流れが遅く、今日も1時間25分かかりました。
途中のコンビニで買ったおにぎりを食べて腹ごなしして、16時半に片付け作業を開始しましたです。
今日も、キッチリ箱詰めするために、本のサイズを揃えたり、ぐっしゃぐしゃになってる巻数を揃えたりで、梱包作業は、結構手間がかかりました。
今日は、持ち帰る本をダンボール箱4個まとめ、車に積み込みましたです。
5個目のダンボール箱に途中まで詰め込んだところで、21時になったもんで、作業は切り上げ、撤収するコトにしました。
4時間半の作業でしたです。
今日のはかどり具合は、まずまず。本の瓦礫の山が、だいぶ小さくなりました。
下宿近くのセブンイレブンに寄って、オロナミンCを買って飲んでカフェインを補給して、21時10分に、帰路につきました。

帰りは順調で、犬山には22時15分に着きました。
1時間5分、かかりましたです。
サークルKとマックスバリュで買い物をして、22時55分頃に帰ってきましたです。

明日も、下宿の片付け作業の続きれす。
明日はもうちょっと、片付けの時間を取りたいなあ。
早めに起きて、下宿に行く前に、さくらの湯にも、浸かってきたいんですがー
うううぅ〜〜〜
ここんとこ風呂入ってないもんで、臭う。
ぐはあ〜〜〜


覚書きその1……えろ漫画
下宿の片付け作業の最中に出てきた、かなり以前のえろ漫画雑誌、もう今廃刊になってるやつなんですが、懐かしくてつい1冊、持ち帰ってしまいました。
その漫画雑誌の中で、猫玄って作家さんが描いてたえろ漫画で、「もうすぐ死ぬひと」ってのが、あったんですよね。
(ココ見てる人の中で、もし今、身内に危篤の患者さんがいる方がいたら、ゴメンナサイ)
なんか引き込まれるハナシだったもんで、通して読んでみたくなったんですがー
まてよコレ、どっかで見た記憶が……
確か、下宿片付け作業の中で、一瞬。
ここ数日、何冊もえろ漫画、ダンボール箱に梱包しては、レンタルコンテナに運んでるですが、梱包した記憶は無いんですよね。
おっかしいなあ。既視感(デジャブ)かなあ。
あるいわ、この前片付け手伝いに来た福祉課が、勝手に捨てたとか……?
実際、奴等、何冊か了解取らずに勝手に捨てやがりました。
後で、歯抜け状態になってる巻数から、欠損分、amazonで取り寄せないと、いけませんれす。
まあいいや、amazonで取り寄せちゃえ。
で、ゆんべ、発注かけまして、今日、下宿の片付けやってたらー
瓦礫の山の底から、出てきました。
猫玄さんの、「もうすぐ死ぬひと」。
もういやん。
日記の更新、そっちのけで、つい今しがたまで、読みふけってただよ。
お莫迦。
えろ漫画でありながら、結末は結構良かったです。
この作家さんの作風は好みでして、他の作品も買い漁りまして、片づけ中に何冊も出てきました。
今度、時間作って読んでみよっと。


覚書きその2……腰痛
1週間前あたりから、腰が不穏です。
日に日に、不穏さが増して、アヤシクなってきてまふ。
なんか妙に重い感触で、時々、鈍い痛みが、どよぉーんとあったりしまふ。
車に乗ってると、エンジンの振動が、モロに腰に響きまふ。
間違いなく、ぎっくり腰の前兆れす。
瓦礫が散乱してて足場が危うい中、本を梱包したダンボール箱抱えて、不自然な姿勢で、行ったり来たりしてるから……
本って重いんだよねえ。
今日1日、湿布してて、なんとか進行は食い止めましたがー
明日1日、なんとかもたせて、明後日月曜は、外科受診れすね。
引越し当日まで、もつかしらん?
うううぅ〜〜〜


覚書きその3……風呂
ぢつわ……風呂、入ってません。
先月の2月17日、添い寝当番の凛を連れてドライブに行った際に、昭和銭湯・里山の湯に浸かって以来。
かれこれ、3週間半……かなあ。
頭はフケまるけれす。
なんかそろそろ、臭いが出てきたみたいれす。
持病で薬を常用してるもんで、薬のニオイもしまふ。
明日あたり、さら・さくらの湯に浸かって洗髪もしてから、下宿の片付けに行こうかなあ?
お湯に浸かると、腰痛が悪化しそうなんですがー
ぐはあ〜〜〜


凛『おにぃーちゃん、おにぃーちゃん(くいくい)』
あん?
凛『あのね』
おう。
凛『言いにくいんだけどね』
なんじゃい。
凛『おにぃーちゃん、臭うの』
臭う?やっぱり?
凛『おにぃーちゃん、ここのところ、お風呂全然、入ってないの』
下宿の片付け作業で、てんわやんわだったからなあ。
今でも、ひっちゃかめっちゃかなんだがー
凛『この前、凛とドライブに行った先月の17日の、里山の湯以来、入ってないの』
そうなるかなあ。
凛『もう3週間以上、入ってないの』
むぅ……
凛『頭は、フケまるけなの』
確かに……かゆくなってきたし、ジャケットの肩には、落ちたフケが溜まってるし……
凛『体は汗臭くて、ワキガもするの』
なんかベタベタしてきてるんだよなあ。
凛『加齢臭もするし、おにぃーちゃん薬飲んでるから、薬の臭いもするの』
うううぅ〜〜〜
凛『股間からは、すえたイカくさい臭いがするの。
おぃーちゃん包茎だから、きっと恥垢が溜まってるに、違いないの』
だあ〜〜〜
凛『凛だって、乙女なの。
乙女の口から、包茎とか恥垢とか、言いたくないの』
あ〜の〜な〜〜〜
凛『おにぃーちゃんが、下宿の片付け作業で、いっぱいいっぱいなのは、凛も解ってるつもりなの。
でもでも、日に日に強くなってくるおにぃーちゃんの臭いの中で、一緒に電気毛布にくるまって添い寝を続けるのが、凛は辛くなってきたの』
うううぅ〜〜〜
凛『凛の口から、不潔なおにぃーちゃん嫌いなんて、言いたくないの』
うううぅ〜〜〜
凛『凛のコト、大切に思ってるのなら、今夜は早く寝床に来て寝て、明日は早めに起きて、お風呂に行って欲しいの』
行けと言われても……
凛『さくらの湯だったら、ちょっと遠回りになるけど、尾張パークウェイから、下宿へ行く道に抜けられるの。
お風呂の後で、下宿の片付けに行けば、いいと思うの』
ちょっと腰が不穏なんだよなあ。
ギックリ腰が悪化するのが、怖いし。
凛『頭と体を洗って、シャワーで済ませれば、大丈夫なの。
湯船で長湯して温まらなければ、いいと思うの』
むぅ……行くの、めんどいなあ。
凛『おにぃーちゃんが、お風呂に行ってくれないと、凛は悲しくなって、泣いちゃうと思うの』
ええと……
凛『凛が泣いちゃったら、おにぃーちゃんきっと、小雪さんから怒られちゃうと思うの』
脅迫かい!
凛『凛のこと、ほんとに大切に思ってるのなら、ちょっと早起きして、さくらの湯で洗ってくるくらい、できると思うの。
凛は決して、無理なコトは、言ってないの』
うううぅ〜〜〜
凛『おにぃーちゃんに、拒否権は無いと思うの』
あ〜の〜な〜〜〜
凛『明日は、さくらの湯に行って。おにぃーちゃん』
うううぅ〜〜〜
凛『明日は、さくらの湯に行って。おにぃーちゃん』
うううぅ〜〜〜
凛『明日は、さくらの湯に行って。おにぃーちゃん』
うううぅ〜〜〜
凛『明日は、さくらの湯に行って。おにぃーちゃん』
うううぅ〜〜〜
凛『………………………………』
ええと……
凛『………………………………』
あのう……
凛『………………………………』
そのう……
凛『………………………………』
うううぅ〜〜〜
凛『………………………………ぐすっ』
だあ〜〜〜
凛『ぐすぐすっ、おにぃーちゃん、やっぱり、凛のコト、大切に思ってないの』
大切に思ってるってばぁ〜〜〜
凛『ぐすぐすっ、凛のコト、飽きて嫌いになっちゃったの』
嫌ってないってばぁ〜〜〜
凛『ぐすぐすっ、凛のコト嫌いで、どうでもいい存在だから、お風呂なんか行かなくてもいいやって、思ってるの』
そんなコトないってばぁ〜〜〜
凛『ぐすぐすっ、おにぃーちゃんに嫌われたら、凛はこの家で、居場所が無くなってしまうの』
だから、嫌ってないってばぁ〜〜〜
凛『ぐすぐすっ、おにぃーちゃんに嫌われて、凛はとっても悲しいの』
嫌ってなんかいません!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
あああああ……
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
泣くな!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
泣くなってば!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
ごめん!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
すまん!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
オレが悪かった!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
謝るから!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
この通り!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
さくらの湯に行く!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
行くってば!
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
うううぅ〜〜〜
凛『うええええええええんっ!!!
えーんえーんえーんえーんえーん!』
ぐはあ〜〜〜
めぐ『しのざわ、また凛を泣かしたぁー』
キララ『小雪サンに言ってやろ』
だあ〜〜〜
凛『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
しむぅ〜〜〜


小雪『なにやってるんでしょう、まったく……』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前5時20分)


早く寝なきゃならんのに、結局夜明しして、だらだらコレ書いてるなんて、ナニヤッテルンデショウ、ワタクシ。
だめじゃん。
あうち!
躁転しはじめて、きたのかもしんない。
ぐぐぐぐぐ……
凛『おにぃーちゃんって、やっぱり学習能力ないの。
サルでも学習して芸を覚えるから、きっとサル以下だと思うの』
キララちんみたいなコト、言うなよ。
キララ『なんか言った?』
うお!


本日は33。
昨日は53。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ