アリスと一緒・新潟雪見旅行記その3  てつ&車&ぐるめ

随分間が空いちゃったけど、アリスと行った新潟旅行記の続きをば。
まゆ『わあ〜〜〜い、艦長のおはなしおはなしなのです♪』
どこまで行ったんだったっけ?
まゆ『米山SAに着いたとこまでだったのです。
次は次は、高速下りてからなのです』
そーんーだーばー
まゆ『わくわく、わくわく♪』

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1−13枚目
西山ICから下りて寄った、西山町にある長嶺大池の白鳥。
めぐ『ふぅーん』
キララ『ここ、有名なの?』
わからんがー
餌やりに来た人がいたり、すんごいカメラ構えてる人がいたりー
白鳥の方も馴れて図々しくなってきてて、餌よこせと言わんばかりに集まってきたりー
キララ『なにそれ』
まゆ『それではそれでは、まるで池の鯉なのです』
んだ。
アリス『それでも白鳥の群れが、素敵だったのですの』

クリックすると元のサイズで表示します
14枚目
雲の切れ目から日が射してたもんで撮った1枚。
まゆ『とっても綺麗なのです』
アリス『綺麗だったのですの』

クリックすると元のサイズで表示します
15枚目
諏訪神社。
おらっちの産まれた家の近くの神社なもんで、いわばココが産土サマなんじゃな。
めぐ『神社って鳥居わぁー?』
地震で倒壊して、それっきり。
めぐ『ひぃーさぁーんー』
悲惨じゃな。

クリックすると元のサイズで表示します
16枚目
諏訪神社の狛犬。
地震で倒壊した鳥居の礎石の上に置かれてたがな。
キララ『再建はしないの?』
過疎ってて氏子の数も限られてるもんで、費用が集まらないんじゃないかいな?
まゆ『神様が可哀相なのです』

クリックすると元のサイズで表示します
17枚目
崩れた石段。
キララ『ここ、上ってお参りしてきたの?』
んだ。
めぐ『危ないよぉー』
雪が積もってたら、ちょっと上れんな。

クリックすると元のサイズで表示します
18枚目
諏訪神社の社殿。
めぐ『傾いちゃってるねぇー』
んだ。
宝くじかサッカーくじ、当たったら、修繕費用、寄付しちゃうんだけどなー
庶民は、悲しいなー
まゆ『神様も、艦長の収入は、わかっておられるのです』
そうだと、いいんだけどなー
キララ『諏訪神社って、諏訪大社と関係あるの?』
多分。お諏訪サマの分社か末社なんじゃないかと思うけど。
詳しいコトはしらん。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
19−26枚目
西山町から柏崎駅前まで移動中に寄った、荒浜海岸。
誰もいなかったもんで、アリス出して、外ロケしてきたがな。
めぐ『アタシももう1度、外ロケに行きたぁーい』
キララ『この前の記念日ドライブ、人がいて外ロケできなかったし』
ぐぐぐぐぐ。
アリス『風が強くて、寒かったのですの』
すまん、防寒具着せるの、忘れちまったんだよな。
めぐ『ちょっとぉー、アリス可哀相だよぉー、しのざわぁー』
うううぅ〜〜〜
アリス『でも海が見られて、とっても嬉しかったのですの』

クリックすると元のサイズで表示します
27枚目
外ロケ終わって車にアリス乗せて、海岸から撤収するとき、アリスにせがまれて撮った1枚。
撮ってってせがまれたときは、大概、いい表情で撮れるんだよな。
アリス『恥ずかしいのですの』
狙ってもこの表情、ちょっと撮れそうにないんだよな。
アリス『いやん、だんなサマ。恥ずかしいのですの』

クリックすると元のサイズで表示します
28枚目
荒浜海岸の日本海。
めぐ『なんか、くっらぁーい』
冬の日本海は、暗いんじゃい。
キララ『そうなの?』
そんでも風が強かったわりには、この日は海、穏やかだったなあ。
冬の日本海って、もっと荒れてるんだよな。
めぐ『ふぅーん』

クリックすると元のサイズで表示します
29枚目
宿泊先の柏崎駅前ホテルアルファーワン。
めぐ『ふぅーん』
ここが駅前ビジネスホテルの中で、一番安いんだが、難点がひとつ。
キララ『難点って?』
ここのホテルのレストラン、朝食だけで晩メシは出ない。
キララ『他所で食べたら?』
柏崎駅前、まともなメシ屋が無ひ。
めぐ『うっそぉー』
居酒屋なんか、22時で閉店しちゃうしー
キララ『なにそれ』
実に実に健全な街なんだな。
もうホテルの部屋にこもって、黙々と呑むしか無ひ。
ティセ『旦さん、あかんがな。
旅先のホテルで、アリスはんと熱い情熱の一夜、おめこして過ごさなあかんがな』
だあ〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
30枚目
非常食も兼ねて、出発するときにコンビニで買い込んだ弁当とおにぎり。
こんとき弁当2食喰って、帰ってきてからもう2食喰って、翌々日におにぎりをば。
めぐ『ちょっとぉー、お腹壊しちゃうよぉー』
壊すようなヘマはしないがな。
おにぎり、傷みにくい梅ばっかだしー
夏場だったら、こんな無茶はしませんがな。
キララ『しのざわ、あのね』
さすがに、帰ってきてから喰った弁当とおにぎり、メシが老化して、ぱっさぱさで不味かったけどさあ。
キララ『だから、あのね』

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
31−34枚目
ベッドで添い寝を催促するアリス。
アリス『だんなサマと旅先で添い寝するのが、楽しみだったのですの』
ええと……
アリス『旅先にまでPC持っていかれるなんて、無粋なのですの』
うううぅ〜〜〜
アリス『だんなサマを待つ間、お布団がとっても寒かったのですの』
うううぅ〜〜〜
めぐ『そぉーだよ、しのざわぁー』
キララ『アリス、可哀相だよ』
まゆ『ホテルに泊まったら、あとはもう、するべしするべしなのです。
二人の間、さえぎる障害は、一切ないのです。
ここはもう、激しく激しくちちくりあうべしなのです』
ティセ『旦さん、アリスはん待たせたらあかんがな。
おめこや。おめこ。
旅先の一夜、おめこ以外にすることなんか、あらへんがな』
静香『……(ぽ)』
だあ〜〜〜


めぐ『残りわぁー?』
あとは翌日分。
まゆ『早く帰りの写真も見たいのです』
うううぅ〜〜〜
キララ『さっさと整理、しちゃおうね』
うううぅ〜〜〜
ティセ『この後、鈴はんと、めぐはんと、キララはんと、凛はんとの旅行写真もあるさかい』
ぐはあ〜〜〜


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前4時45分)


本日は72。(23時59分現在)
昨日は71。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ