2012/12/18

秋遍路 土佐塾 その3  

クリックすると元のサイズで表示します記憶が薄れないうちに早くブログに収めないと、仕事がつかえて、夜は疲れて、ばったんQが。衆院選挙開票でテレビ見すぎて寝不足。 しかし、自民党すごかった〜〜〜〜!!!めった切りくずし、じゃなく、めった自滅の民主党でしたね。 安倍総裁のインタビューが出れば今日釘漬け。
本題本題。   禅師峰寺 航海安全祈願のお寺です。 大政奉還の立役者、土佐のお殿様が土佐湾の沖で、時化に遭われて、この禅師峰寺に手を合わせられたそうです。 一命をとりもどされ、殿様一門の門徒寺になっているそうです。 もし遭難されたら今の日本、維新改革変わっていたでしょう。?????。クリックすると元のサイズで表示します境内から見下ろす高知市の浦戸湾です。右が桂浜です。 登りはすごい坂、坂、多分下りは、滑り落ちるか、ひざを痛めるか。よって、回り道、車道を通り、桂浜、竜馬先生に会いに。15:00である。桂浜まで6,5km。 17:00までは楽勝と歩幅もやや広くなる。
やっと軽自動車が通る遍路道、 思い出した、この道、かあちゃんと4年前車で遍路してたとき、5月でしたか、 ご婦人の歩きお遍路さんが、道べたに、うずくまっておられました。 顔色はもう、真っ青でした。 止まって、容体をお聞きしましたが、返事が????。  その点、やはり地元の人でした、すぐご婦人に話しかけられ、5分も行けば病院が、それとも、宿はどこ??。送るからと、てきぱきと乗せていかれました。
不思議に、足腰、なんともありません。 が、が、画像のごとく、土佐湾の沖の上空が、菅傘に、パラパラ雨脚が、急に薄暗くなり、国道に出る。 歩道はあるものの、保冷車、ダンプ、容赦なく、雨脚の水滴をまき散らし、右側の体だけ湿気が伝わってくる。 桂浜国民宿舎が見えて来た。が、 車はファザードランプまたはヘッドライトが点いている。
車がいなくなれば、暗くなり、彼方に国民宿舎の明かりが見える。 おへんろマークが見えない暗さになった。 LEDの電灯を出す。 本降りになった。 もう雨合羽は遅し。 着替える場所もない。 案の定、道を間違えた。 30分はルート探し。 竜馬先生に会うのは無理な状態。 今夜宿泊する土佐屋に電話を入れる。 渡しのフェリー乗り場を教えてもらう。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します17:20のフェリーに間に合った。 雨に打たれ、冷え切って、思い出したように、トイレがしたくなった。 小さな船です、自転車、バイク、そして、人間が専用で、無料、 航行時間5分。 荷物をベンチにおろし、貴重品だけは、もってトイレに、ここのトイレは、丸見えなんです。ワーオーです。
我慢したので、いつまででも出るのです。止まりません。 出航前の笛が、 あと一人と
大声で作業員さんが、叫ぶ。 でも止まりません。 冷えてきたので余計出ます。
スカ〜〜〜〜っとしてフェリーに乗船。 対岸に着いたころは、周りは、もう、夜でした。
初日から、懐中電灯とは。 17:00前、国道で大型トラックに雨しぶきを巻き上げられ
メガネは、水玉で先が見えず。 底冷えが、そんなとき。携帯のベルが。(どぎゃんな〜四国は、熊本は雨バイ、寒かばい、今どのへんな〜〜、) マリーナのお客さんからです。
すでに、上半身は雨で染み渡り、懐中電灯照らし、そして、大型保冷車の雨しぶきを浴び。
悲惨でした。26km歩き、あと1時間かかる距離、 (ま〜だホテルに着いとらんと、まだ歩きよっと、 事故おこさんごつ、 あんまり長電話すると、帰るごつなるけん切る)
いや〜〜〜〜〜貰った、パワ〜頂いたね。 18:00過ぎ、宿場に着く。
冷え切った体に、あっち〜〜たぎった風呂。 ここ高知屋さん洗濯をしてくださって恐縮でした。 カツオのたたきが、また、一杯が重なり、爆睡になりました。
つずきます
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ