2012/12/27

秋遍路 土佐塾 その7  

ブログ、クリスマス休暇しました。 しかし、朝から晩までよう、冷えた、寒かった。 霜で真っ白。 おまけにからっ風で、仕事も身に入らず、ストーブの番人でした。クリックすると元のサイズで表示します3日目、ここ須崎市は4年前、かあちゃんと車で通過した街です。高速、バイパス、庁舎、警察署、公共の建物が新しく建ち、めまぐるしい発展です。クリックすると元のサイズで表示しますまだ記憶に新しい、道の駅かわうその里すさきです。 当時は、広場一杯、テントがあり露天商でにぎわっていましたが、ちょっとさびしさが。 ここの野菜コロッケおばちゃんが進めてくださったが、ボリュウムもあって最高に美味かった。さらに歩くと、魚菜食堂、新鮮市場でしょうか、集客が一変していた。5〜600mで4年間できびしい商いの挟間を見てしまった。 第3セクターと民間^^^^^^^^。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますこのトンネルは新道です、旧道はまだ、クネクネです。しかし、どうやって、通れとゆうのです?。ぜったい、ヒラヒラさせては、引っかけられます。 懐中電灯を正面に、通る、ゆっくり中央線によってすれ違う車、かと、思えば、バックミラーが当たりはしないか、ず〜〜〜〜〜〜んっと、見ると、たばこを吸ってる、おねえちゃん。 もう〜〜もう〜〜!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します安和の港に出た。息苦しいトンネルでした。 気分が一変、遠くのタンカーに焦点をあわせました。 足元から、船外機が綺麗な引き波をだして、沖合に、いっぱいにズームアップ、船に人が多すぎる、アオリイカ釣りでしょう。 のどかな安和の風景です。本来はここが宿場の計画でしたが、両足の調子が良すぎて当日計画で6km先(中土佐)まで足を延ばすことに。
遍路地図の郵便局が閉鎖、中土佐まで局なし。 焼坂峠遍路道を断念、車道を歩く、途中コンビニATMで今夜の宿賃をおろす。クリックすると元のサイズで表示します安和森林組合の道の駅で一休憩、森林組合だけあって、木工の展示物が、あれも、これも作りたい、逸品ぞろい、 おまけに、海岸で拾った流木のモニメント、くやし〜〜〜、吾輩も、随分と集めているが、スケールが違いすぎる、圧倒されて、シャッター忘れる。忘れて幸い、しっかと脳裏に。 トイレをお借りして、バナナ3本、ホットコーヒーをいただく。クリックすると元のサイズで表示しますこの地図は、仙台の野宿お遍路さんが寝袋かぶっていた、遍路小屋で頂いたものです。 本当にありがたいものですね。 これがお四国なのです、お遍路なのです。一般のご家庭の庭先の出来事なのです。 クリックすると元のサイズで表示します明日、明後日目指す四万十市です。気が遠くなります。 しかし、本当にまじ、遠くなりそう。 焼坂トンネル。
1000mそして、反射たすき。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します恐怖を生で感じて、シャッターがぶれています。 ほかに道はありません。タオルを顔面に巻いて、懐中電灯を大きく振り回して、歩きました。 右側は恐ろしくて、向かってくる車が。 左側は車が見えないので少しは安堵ですが。 不思議なことが起こりました。 対向車はやりばなし
くるのですが、 左通行の車が来ないのです。 どんどん歩幅が広くなり、金剛杖の鈴の音も大きく響き、とうとう、残り数100mのところですれ違う結果に。トンネルの出口の明かりもあって、ほっとする。 もしかして、もしかして、ご利益かも(含笑い)ちゃんとたすきはお返ししてきました。中土佐に入る、 丁度徳島県の美波町から牟岐町の55号線みたいな錯覚に、クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します村はずれ、あと数キロです。宿場町です。     続きます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ