みみずくからの伝言

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:とらこ
さんにゃんさん

実は次のターゲットの某ダイエット本が手元にあるのですが、この辺りも怪しい言説が向こうから寄って来る心霊スポット?のようです。

しかしこのananが手元にある間は誰も部屋に入れられません。誰かに「こんなの読んでたんだ」と思われるのは絶対避けたいので隕石にも当たらないように気をつけています。

下のコメントでFSMさんが紹介されているリンク先に見られるように、ananも昔はずっと面白かったようなのですが今はもう、初めから終わりまでどこを切ってもこんな感じの金太郎飴状態です。買われなくて大正解といえましょう。
投稿者:さんにゃん
お疲れ様でした。興味深く拝読しました。おかげさまで買わずに済みました(笑)
それにしても、女性向けのファッション誌って、危険がいっぱいなのかもしれませんね。パワースポットやら、スピリチュアルな代物もよく載ってるし。
ちなみに、いわゆる普通のサラリーマンが唐突に怪しい歴史話を語り出したら、(あくまで私の)経験上、新聞コラムの次には『ポスト』をチェックせねばなりません(^^;
学校教育を離れたあとの知識の仕入場、というのは、けっこう問題じゃないかと思ってます。
投稿者:とらこ
FSMさん

たった1ページ批判しただけで息切れしてしまいました。はぁはぁ。

ご紹介のコメント欄に出てくる超上から目線のエディターの方かっこいい。昔は『an.an』にも志ってもんがあったんですね。
投稿者:FSM
どうもおつかれさまでした。

以前、女性誌の編集をされていた安原さんが、TAKESANさんとこのコメント欄で嘆いてらっしゃいましたね。
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_f1e0.html
2年前のエントリですが、コメント欄での嘆きは読んでて切なくなります。

http://ameblo.jp/fireflysquid/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ