なないちのつぶやき

管理人のなないちはもっぱら浜で釣りを楽しむことが多いけど田舎・渥美で日頃感じたことを書き留めていきます。

 
【※御注意】nanaichi的嗜好と思考による、かなり独断に満ちたblogです。ややもすると自身の本音が出て御覧の皆様に不快感を与えるやもしれません。 それはまぁ、あくまでも個人のblogと言うことでお許し頂きたい・・・ m(_ _)m

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nanaichi
旅役者さん、まいどです。
日本古来の原風景を持てる渥美の住人は恵まれていると感じます。
各々がそれぞれの原風景を持っていると思いますが、他所様に誇れる風景を持つ我々は田舎に住む者ならではの特権なんでしょうね。
それを放棄する訳にはいかんのです。

http://sea.ap.teacup.com/nanaichi/
投稿者:旅役者
川から出るホタルというとゲンジボタルの方でしょうね。
川の環境を優しく守る地域の人たちの努力で自然繁殖のホタルを楽しむことができるのは素晴らしいです。ホタルが舞う姿は日本の初夏の原風景です。
ちょっと前にビオトープとかいう箱庭みたいなのを作って、ホタルをよそからもってきてというのが流行ったこともあったようですが、ホタルは地域性が強いため、生物多様性の観点からは禁じ手です。移入種・移入個体群と原風景とは相容れないものです。

ずっとずっと昔のこと、イギリスの人とホタルの話になった時、
「日本人は、fireflyがほのかに光りながら舞う姿にふるさとを感じ、好むんだ。文学でも音楽でもfireflyを題材としたものは実に多い。」
というと
「それは驚きだ。あんな凶暴な虫をか。私の日本人のイメージとはずいぶん違うな。」
といわれ、お互いに???になってしまいました。聞いてみると、欧州のホタルはずいぶん凶暴なものらしく、イギリス製戦車のFireflyはそんなところから名付けられたとのことでした(今ではとても無理ですが、その時は確かに英語で会話していました。)。

その人に山間の里のホタルを見せる機会があったとき、
「なるほど、確かにこれはfireflyではなく『ホタル』だよ。」
と言ってウーサーギオーイシカーノーヤーマーと歌いだし、僕は、なかなかやるな、このイギリス紳士は、とニンマリしたのを覚えています。

http://blogs.yahoo.co.jp/mihama_tita
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ