なないちのつぶやき

管理人のなないちはもっぱら浜で釣りを楽しむことが多いけど田舎・渥美で日頃感じたことを書き留めていきます。

 
【※御注意】nanaichi的嗜好と思考による、かなり独断に満ちたblogです。ややもすると自身の本音が出て御覧の皆様に不快感を与えるやもしれません。 それはまぁ、あくまでも個人のblogと言うことでお許し頂きたい・・・ m(_ _)m

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nanaichi
はくちょうさん、コメントありがとね。
りぶきす楽しみましょうね!

家も初めてで最初は呑気にかまえていました。
まぁ、財政事情は夫婦共々よく判ってますから、ハナから
「県内国公立or直近大学(私と同じ学校=通学可能校)しかダメよん」
と娘に言い聞かせてました。

志望校(当初予定通り)に進むことが出来て、親子共々ホッとしていましたが、入学間際での入寮決断(私の)で、娘は随分と悩んだり戸惑っておりました。

私の(寮生活への)決断理由は
−娘が最も自由に、そして有意義な学生生活を送ることが出来る環境を与える−
を念頭に置いての判断でした。

本人の認識は、かみさんの実家から通学するのが既定路線でしたので、突如の変更には本人も悩みました。
急な変更に妻・私自身も娘に申し訳なく、現状(実家事情等も含め)を正直に伝えて謝りました。

>気を遣いすぎて悩まなければいい
父・母・子 互いが気を遣うことも当然あると思います。
しかし、その気遣いは腹からの話し合いの上に成り立つものと思います。
そして最終の責任を持って決断を下すのは父親の役目であると考えております。

お父さんの責任は重いですぞ(^^)


http://sea.ap.teacup.com/nanaichi/
投稿者:はくちょう
ななさん お久しぶりです。
今年もリブキスでお世話になります
よろしくお願いいたします。

実は私の長女、来年大学受験を控え
この下宿問題(最近は下宿なんていわないのかな?)
でことあることに話題に上ります。
通いか・下宿か・・・
のんきな私は、そんなの受かってから考えればいいじゃん的な考えで話してしまいます・・
我が家の財政はすべて神が握っているのですが 神に言わせると あんたは我が家の財政をわかってないからそんなのんきなことがいえるのよ・・・
そういわれると私・・何も言えなくなっちゃうんですけど(苦笑)

私の本音は・・娘の好きな所に行かせればいい・・それくらい俺が何とかしたるわ!!って言いたいんですがね〜〜
娘がこっちに気を遣いすぎて悩まなければいいのですがね〜
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ