猫の ののちゃん

横浜の癒し系ねこ。引っかいたり咬んだりしないので、
初めて触る人は、みんな猫が大好きになります。

 

ご案内


FM ラヂオつくば↓ ▼ しゅがーれいんさん作『ねこ』


----------------------------
▼「ののちゃんのベンチ、星の世界から」
     
2013-4-18 on air c:しゅがーれいん
----------------------------

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ののちゃんの、料理レシピ

(あいうえお順)
青魚のオゼイユ風
アカサバの刺身
アカマンボウのフライ
アジのナンプラー
アユめし
アンチョビ
アンチョビ(一般的)
揚げナスの魚味噌田楽
イカの刺身
イナダ・サバの唐揚げ
イナダと冬瓜のカレー
イワシ団子とキクイモのクリーム煮
イワシとニンニクの煮込み
ウルメイワシすり身だんごと
      冬瓜のあんかけ

エチオピアのお刺身
エボダイの芋なます
カジキとヘチマのカレーうま煮
カジキと野菜の梅酢あん
カツオビーフン 
カツオとナスのカレー
カツオの塩焼き
カツオメンチカツ
カニ・冬瓜のあんかけ
カマスのさつま揚げ
ギョウザ
コノシロの飯寿司
ゴーヤーチャンプル
魚野菜カレー
魚肉だんご
魚すり身のミートソース
魚で酢豚?
サケの唐揚げ
サケのクリームシチュー
サケの照り焼き
サバカボチャカレー
サバすり身団子の味噌和え
サバの揚げ煮・中華風
サバのオゼイユ風
サバの柿の葉寿司
サバのすり身のピーマン詰め
サバのすり身のピーマン詰の梅酢あん
サバのドライカレー
サバの南蛮漬
サバのパパイヤイリチー
サバ春巻
サバ味噌
サメギョウザ
サメとピーマンのピリ辛炒め
サメの角煮
サメのフライ
サワラのゴーヤチャンプル
サワラの刺身
サワラのターメリック焼き
サワラの漬け揚げ
サワラの焼きびたし
サンマ鮨
サンマそぼろ
サンマスパゲティー
サンマ丼
サンマの鰹節まぶし
サンマのコリンキー南蛮漬
サンマのすり身だんご
サンマのすり身だんごの
         クリーム煮

サンマの野菜カレー
サンマのロールキャベツ
サンマハンバーグ
サンマめし
シイラ大根
シイラのヘルシーバーガー
シメサバ鮨
シュウマイ
しょっつる(ハタハタの魚醤)
白身魚のチリソース
スルメイカの麹漬け
タラのさつま揚げ
朝鮮風アンチョビ
冬瓜(とうがん)のそぼろあんかけ
トクビレの軍艦焼き
トビウオの刺身
トビウオのさつま揚げ
ナンプラー(アジ)
ナンプラー(シコイワシ)
ニシン(生)煮付け
ニシンのアヒージョ  
ハタハタ寿司
ハタハタの煮付け
ハタハタ焼きそば
ハチビキの刺身
ヒイカのパエリア
ヒゲソリの塩焼き
ピーマンの魚肉炒め
ピーマンの魚肉詰め
ビン長マグロの串焼き
ブリすり身冬瓜のそぼろあんかけ
ブリ大根
ホウボウのお刺身
ホタテ貝ひもの佃煮
ホタテ稚貝の佃煮
ホタルイカの佃煮
ホッケのオゼイユ風  
生マグロの串焼き
マグロの当座煮
マーボー豆腐
マーボーナス
ヤリイカのパエリア
夕顔のホタテあんかけ
===<魚介以外>===
青シソジュース
赤カブ漬
アスパラガスのペペロンチーノ
イチゴキャラメル
ウメジュース
ウメジュース(炊飯器使用)
オニユズジャム  
柿酢
カボチャの皮のキンピラ
ガマズミジャム
ガマズミジュース
カリフラワーのペペロンチーノ
カリンのシロップ漬け
キンカンの砂糖煮
茎ワカメの柔らか煮
くらかけ豆の塩ゆで
紅芯大根の酢漬
(猫形)コンニャクと野菜の煮物
三五八漬
山椒みそ
シソジュース
シソの実漬け
ジャガイモぺぺロンチーノ
スイカの盛り付け
ズイキの酢漬け
ズッキーニのペペロンチーノ
ダイコンの甘酢漬け
ダイコンの柿なます
とうもろこしぺぺロンチーノ
夏みかんのお皿
夏ミカンの皮の砂糖漬け
夏ミカンのピール
夏ミカンの猫ピール
夏野菜のダシ(山形の郷土料理)
菜の花のペペロンチーノ
パパイヤイリチー
ピーナッツみそ
フキみそ
ホウレンソウのアンチョビオイルサラダ
ポテトガレット
みそかんぷら
ミントシロップ(煮出し法)
ミントシロップ(蒸らし法)
ヤエザクラの塩漬け
ヤマモモ寒天
ヤマモモジュース
ヤマモモジュース2
ユズジャム
ユズみそ
ラー油

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

おすすめ


−−−

┗ 環境省のポスターサイトへ

政府広報 タバコの煙の恐ろしさ
 ↓クリック
----------------------------

QRコード

Powered by

teacup.ブログ

メッセージBOX

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ニャンタのおば(withあれ)
二度目のコメント、失礼します。
先日kitcatさんがお目をとめられたもの、見せびらかしてみました。
ついでのようで申しわけないけれど、茨城動物指導センターと、
それから、ののちゃんの奮闘ぶりも!

こちらのコメント欄は保護わんにゃんの飼い主さんが多くて、
なんだか気持ちがほっこりします。
「家族」を買うなんてとんでもない話ですもんね。

http://nekonanihongo.jugem.jp/?eid=901
投稿者:jenoise
うちも実家のわんこは市の愛護センターの譲渡会で譲り受けたわんこです。
飼うための心得のビデオを見て
譲渡の時 1回目のワクチンをしてから帰るという
お約束のもと譲渡されました。
うちの猫たちはすべて保護猫です。
ちゃんとしたショップは時間を決めて時々休憩を入れたりしますよね。
一時ハムスターが流行った頃 小さな子に
簡単に飼えますよって勧めていたけど
簡単に飼える生き物なんてどこにもいませんよね。
ちゃんとした覚悟がない人は飼っちゃダメなんだと思ってます。

http://jenoise.exblog.jp/
投稿者:ちゃこ
つい先日、父の従弟(60代独り身)が亡くなったのですが、彼が飼っていたワンちゃんの里親さんを探すのに一苦労しました。もし誰にも引き取ってもらえなかったらと思うと気が気でありませんでしたが、幸い快く里親さんになってくれるかたが見つかって親戚一同安堵したところです。動物を家族として迎え入れることの大きな責任を販売(という言葉は使いたくないけれど)するほうも受け入れる方も命が関わっているということをもっともっと深く考えてほしいなと思う気持ちが年々強くなります。人間も動物も幸せな一生を送って天に召されたいですよね。長くなってごめんなさい。

http://yaplog.jp/kotora-s/
投稿者:ゆうこ
・・・・。私は里親会で北斗と小雪を貰う時
そのころは家も小さく 私も多少アレルギーがあったので貰う事を悩んでいましたが「抱っこしてみますか?」と言われ そこで2匹にメロメロになっちゃったんですよね♪・・今思えばあれは「戦略」だったのか・・(笑)でもそのあとも審査とか一度家を見に来て 近所に獣医さんはあるかとか 引越しの予定はないかとかいろいろ聞かれましたね・・
中途半端な決意の相手には動物を簡単に渡さない
愛情を感じましたね・・ただ 忙しい時期もあったらしく来るまでに結構時間かかって猫も成長期だったので・・子猫→成猫になっちゃってねえ!?
貴重な時期だったのに ちょっとそこだけ残念でしたわ★ ・・犬猫の 販売 アメリカやドイツを見習って欲しいですね。そういう所は日本 遅れてますよね。

http://blog.goo.ne.jp/umineko_2006
投稿者:そら
命を販売してるって事をもっと
自覚して欲しいです
それから命を育てるってことも。。。
うちの父ちゃんは、命の売り買いに
反対ですよ、もっと色々と
厳しくしないとですね

http://9353.at.webry.info/
投稿者:リサ・ママ
夕日のののちゃんアップ、面白いですね〜♪

犬猫を増やして売って一儲けしようって業者にお灸をすえてやりたいですね〜(笑)
生き物でお金儲けしようと云う考えが、間違ってます。
本当の動物好きでなったペット屋さんなら、許せる!!
なんて云っても、空しいでしょうね。。

カボチャ、読みました!!
ちょうどハロウィンが近いですね〜♪


http://blog.goo.ne.jp/sinosan-san
投稿者:おいちゃん
何が正しいのだろう?
何が間違っているのだろう?
答えは簡単には見つからないのかもしれませんね。
だからこそみんなで思い、考え続けることが必要なのかなと思います。
投稿者:トラの父
殺処分ゼロを目指そうとしている人たちがいる一方で,高いお金を払って動物を「買う」というちぐはぐな現実は,悲しいですね.

アメリカにいる親戚から聞いたのですが,動物はシェルターから手数料を支払って引き取るのが一般的で,「買う」という行為自体が周囲から白い眼で見られるそうです.
投稿者:nobi8n
こんにちは。

「”動物を売る”ということは、経費がかかって儲かる商売ではない」
という方向に持っていくのは良いですね。
手っ取り早く儲かるビジネスだと思うと、命の大切さなんて、これっぽっちも考えない業者がどんどん参入してしまいますものね。命を扱うのだからそれなりの知識、技術、覚悟が必要なのは当たり前という風潮になるといいですね。

http://nekonetane.blog.fc2.com
投稿者:めんまねえちゃん
レンタル、なんか今まで一度もペットを飼ったことが
ない子供とかが興奮してもみくちゃにしてしまわないかとか、ののちゃんやkitcatさんがいうように、
ダメなものを食べさせないかとか心配ですね. . .
飼うまえのお試し的な子犬の、じゃなくて、
成犬とかのもあるんですよね。レンタル。
犬が飼えない人向けとか散歩させたいとか、そういう目的でどうぞ、とかいうかんじで。1日2、3千円くらいって、あれなんにもトラブル起きたことがないのかな???と思ってしまいます。
よく里親に出すボランティアさんのハードルが高いという話もあるけど(もちろん、そんなことを?っていうところまで踏み込みすぎな場合も聞いたことがありますが)逆にいうと、
ペットショップ、ハードルが低すぎですね。
知人で、頻繁に近所の人がはやりものの犬猫を購入してはすぐに捨てる、そしてまた購入するっていう
人物がいるひとがいますが、結局また捨てるって、
どっかの店が販売を続けてるんですよね。


ののちゃん、前回の7番のと、今回の11番の
ぷりけつ、お借りしまずね。

http://blog.goo.ne.jp/silvergardens/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ