猫の ののちゃん

横浜の癒し系ねこ。引っかいたり咬んだりしないので、
初めて触る人は、みんな猫が大好きになります。

 

ご案内


FM ラヂオつくば↓ ▼ しゅがーれいんさん作『ねこ』


----------------------------
▼「ののちゃんのベンチ、星の世界から」
     
2013-4-18 on air c:しゅがーれいん
----------------------------

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ののちゃんの、料理レシピ

(あいうえお順)
青魚のオゼイユ風
アカサバの刺身
アカマンボウのフライ
アジのナンプラー
アユめし
アンチョビ
アンチョビ(一般的)
揚げナスの魚味噌田楽
イカの刺身
イナダ・サバの唐揚げ
イナダと冬瓜のカレー
イワシ団子とキクイモのクリーム煮
イワシとニンニクの煮込み
ウルメイワシすり身だんごと
      冬瓜のあんかけ

エチオピアのお刺身
エボダイの芋なます
カジキとヘチマのカレーうま煮
カジキと野菜の梅酢あん
カツオビーフン 
カツオとナスのカレー
カツオの塩焼き
カツオメンチカツ
カニ・冬瓜のあんかけ
カマスのさつま揚げ
ギョウザ
コノシロの飯寿司
ゴーヤーチャンプル
魚野菜カレー
魚肉だんご
魚すり身のミートソース
魚で酢豚?
サケの唐揚げ
サケのクリームシチュー
サケの照り焼き
サバカボチャカレー
サバすり身団子の味噌和え
サバの揚げ煮・中華風
サバのオゼイユ風
サバの柿の葉寿司
サバのすり身のピーマン詰め
サバのすり身のピーマン詰の梅酢あん
サバのドライカレー
サバの南蛮漬
サバのパパイヤイリチー
サバ春巻
サバ味噌
サメギョウザ
サメとピーマンのピリ辛炒め
サメの角煮
サメのフライ
サワラのゴーヤチャンプル
サワラの刺身
サワラのターメリック焼き
サワラの漬け揚げ
サワラの焼きびたし
サンマ鮨
サンマそぼろ
サンマスパゲティー
サンマ丼
サンマの鰹節まぶし
サンマのコリンキー南蛮漬
サンマのすり身だんご
サンマのすり身だんごの
         クリーム煮

サンマの野菜カレー
サンマのロールキャベツ
サンマハンバーグ
サンマめし
シイラ大根
シイラのヘルシーバーガー
シメサバ鮨
シュウマイ
しょっつる(ハタハタの魚醤)
白身魚のチリソース
スルメイカの麹漬け
タラのさつま揚げ
朝鮮風アンチョビ
冬瓜(とうがん)のそぼろあんかけ
トクビレの軍艦焼き
トビウオの刺身
トビウオのさつま揚げ
ナンプラー(アジ)
ナンプラー(シコイワシ)
ニシン(生)煮付け
ニシンのアヒージョ  
ハタハタ寿司
ハタハタの煮付け
ハタハタ焼きそば
ハチビキの刺身
ヒイカのパエリア
ヒゲソリの塩焼き
ピーマンの魚肉炒め
ピーマンの魚肉詰め
ビン長マグロの串焼き
ブリすり身冬瓜のそぼろあんかけ
ブリ大根
ホウボウのお刺身
ホタテ貝ひもの佃煮
ホタテ稚貝の佃煮
ホタルイカの佃煮
ホッケのオゼイユ風  
生マグロの串焼き
マグロの当座煮
マーボー豆腐
マーボーナス
ヤリイカのパエリア
夕顔のホタテあんかけ
===<魚介以外>===
青シソジュース
赤カブ漬
アスパラガスのペペロンチーノ
イチゴキャラメル
ウメジュース
ウメジュース(炊飯器使用)
オニユズジャム  
柿酢
カボチャの皮のキンピラ
ガマズミジャム
ガマズミジュース
カリフラワーのペペロンチーノ
カリンのシロップ漬け
キンカンの砂糖煮
茎ワカメの柔らか煮
くらかけ豆の塩ゆで
紅芯大根の酢漬
(猫形)コンニャクと野菜の煮物
三五八漬
山椒みそ
シソジュース
シソの実漬け
ジャガイモぺぺロンチーノ
スイカの盛り付け
ズイキの酢漬け
ズッキーニのペペロンチーノ
ダイコンの甘酢漬け
ダイコンの柿なます
とうもろこしぺぺロンチーノ
夏みかんのお皿
夏ミカンの皮の砂糖漬け
夏ミカンのピール
夏ミカンの猫ピール
夏野菜のダシ(山形の郷土料理)
菜の花のペペロンチーノ
パパイヤイリチー
ピーナッツみそ
フキみそ
ホウレンソウのアンチョビオイルサラダ
ポテトガレット
みそかんぷら
ミントシロップ(煮出し法)
ミントシロップ(蒸らし法)
ヤエザクラの塩漬け
ヤマモモ寒天
ヤマモモジュース
ヤマモモジュース2
ユズジャム
ユズみそ
ラー油

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

おすすめ


−−−

┗ 環境省のポスターサイトへ

政府広報 タバコの煙の恐ろしさ
 ↓クリック
----------------------------

QRコード

Powered by

teacup.ブログ

メッセージBOX

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:めんまねえちゃん
なんとか、その票を回収できたらと思いますね。
もっと...もうもらったのだからいろいろ
めんどくさいなあって思うのでしょうか。
でも、とても大切なことなんですけれどね...
川崎のことは、里親募集をしてるので運営サイトからメールがきていたのだけど、逮捕前は
不特定多数のひとに知らせてはいけない(人権配慮とか、まだ嫌疑だから?)から、うちうちにボランティアさんには知らせていました。
でも、あまり重い罪にならないんじゃないかと
心配...名前、覚えておかねばと思ったりして
書き留めておきました。

子供が生まれたら猫がいたら赤ちゃんの体に
悪いって、いまだに文章やなんかで書く人も
いるけど、正しい知識を持ってほしいし、
もしそうなったときにも一生一緒にいるなり、
責任を持ってちゃんとしたおうちをみつけてあげるなりしてほしいです。

http://blog.goo.ne.jp/silvergardens/
投稿者:にゃんずぱぱち
川崎のニュース知ってます。
腸煮えくり返るような気持ちでした…
行政が少しでも動き出した事は良い事ですね♪
けどしっかりみんなで目を光らせないといけませんね
ののちゃん本当に光ってる☆(*≧m≦*)プププ

http://blog.goo.ne.jp/okirakunyans
投稿者:おかか
川崎でそんなひどい事件があったんですか。
許せない!
殺処分から譲渡へと流れがすすんでいるのは大歓迎ですが、その後の確認は絶対お願いしたいですよね。

http://hanazawa99.blog33.fc2.com/
投稿者:たいたい
>>適正に飼える見込みのない人に、譲渡しちゃいけないね。

まったくもって その通りですね
その辺の判断 しっかりして欲しいものです

http://yamitaro.jugem.jp/
投稿者:あーぽん
とても勉強になりました。
川崎の事件もそうですが、譲渡側の責任知識や責任不足が虐待や遺棄に大きく関係していますよね。里親募集する方に相談を受けた事が数回ありますが、現状の問題を知らなさ過ぎて安易に譲ってしまおうとする方がとても多かったです。譲渡側にも適正な知識があるように指導が必要だと思います。そして、譲受側にも確認の絶対義務が必要ですよね。私は譲渡後数ヶ月そして1年後の確認は必ず行っています。 どちらも命というものに対して預かっているという責任が足りないんだと思います。
ののちゃんレポートありがとう。こういう記事を見て知らなかった人に知られていくとても大事な事だと思います。結局は携わる人間の内側から認識を変えていかなければいけませんものね。

http://nekobumibiyori.blog106.fc2.com/
投稿者:yukari
知らないことがたくさんあります。
もっと多くの人にこの現状を知ってもらうために、
国や地方が動かなければいけないと思います。
人間だけが幸せな世界はもうこりごりです。

http://cat.ap.teacup.com/kokinji1019/
投稿者:猫娘
ほんとにあの川崎の事件は怒りがこみ上げて仕方なかったよ。
殺処分が減って譲渡が増えてくれるのは嬉しいけど
ほんま手術だけは受けてもらわないと
また悲しい思いをする子が増えちゃうもんな〜
でも難しいんだよね、実際。
うちの隣人はいつもワンちゃんや猫ちゃんを
保健所から譲渡してもらってる方なんだけど
それはすごく素敵なことなんだけど
でもねワンちゃんはお散歩時もリード無しの放し飼いだし
猫ちゃんも手術させてないみたいなんだよね。
何度かお話ししたんだけど受け入れてもらえなくて
でも隣人だと勝手に私がするって訳にもいかず(/_;)
こんなに近くにいる人だって口説けないんだもんな。
ほんと辛いよ〜

http://sanponeko.jugem.jp
投稿者:まっちゃん
こちらもきっと同じような問題が起こると思います。
いい加減なボラ、可哀想だと何でも集め世話もできない人など
たくさんいます。
難しいですね。
投稿者:Anne
神奈川県はそれでも進んでいるんですね。
私は自己紹介でも書いてるようにヨーロッパの旅で猫と暮らすようになったのですが、本当に日本は遅れていて恥かしい。ドイツは殺処分はないし、犬も猫もマイクロチップ当たり前。
マイクロチップは飼い主さんがこの子に生涯責任を持つ証という気持ちが強いそうです。
私もブログで圭佑のマイクロチップの様子をアップした時に、猫ブログをアップされてる方の中にも、まだ挿入されてない方も多くて驚きました。
行政を動かすには、多くの国民の考え方を変えないと変わらない。
オランダはやっぱり国民の力でペットに優しい国になったそうです。
こういう記事をアップしてくださるのも大きな力になっていくと思います。
ののちゃん、レポートありがとね!

http://blog.goo.ne.jp/eikor18mu
投稿者:くぽ
ののちゃん、見守りサーチが、キラリン☆
確かに多いですよね、赤ちゃんが出来たからって手放すかた。
うちはポコメイ手放すなんて、絶対考えられないよ!


http://red.ap.teacup.com/poko2/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ