2012/9/28

こんなこともあるんだよっっ!  2011年9〜12月

   まず、本当に久々のブログUPとなりすいません

    チェックしていただいてる方には申し訳ないですと

     お詫びから始めさせていただきます



   さて、意味不明なタイトルをつけてみましたが、

    本日は実に面白いダイブがありましたっっ

     経緯を書きつづってみます


   本日のゲストはミスターK氏とその知人、

    ミスターK氏は通い続け10年近くの常連様

     知人の方々は佐渡初来島でありました


   ODCにつき最初のダイブポイントはやはり幸福地蔵

    お地蔵様をお参りし、根の上にて細かい生物や

     この時期の南方の来訪者を探してエキジット


   常連ゲストの方々は経験のあるルートですね

    エキジット後昼食を取り午後のポイントを考える…


   知人の方々は佐渡初来島どうするか…

    この時期と言えば

     常連様であればアジが群れをなしている光景が

      すぐ思い浮かぶことでしょう


   イワシグリも考えましたがポイントはー

    新谷岬に決定   


   出航時間になり新谷に到着

    全員無事エントリー水底集合をすまし

     沖方向へ移動を開始したのです


   先頭を行く僕とミスターK氏

    24、25、26、27、28

     だんだんとその表示がディープになるダイコン


   そろそろ黒い影の一団が見えてもおかしくない

    が、ところどころにメバル…だけ

     うわぁ、はずしたか…


   ミスターK氏と水中で目配せをする

    いないね…うん…そんな目のやり取り

     深度もかなりあるのでいないならすぐにでも

      引き返すつもりだったのですよ


   確かにアジ群れはいませんでした、

    でも視界の中に漂う不審物

     僕もミスターK氏も最初はあの辺のあるロープとか

      何かの残骸かだと思っていたのです…


   なんだかよくわからないけど目があるね

    目がある…なんとっっ

     目を見合わせる僕とミスターK氏

     これは残骸なんかじゃないっっ


   その瞬間に動きの変わるミスターK氏

    BCのポケットから普段はほとんど使わない

     カメラを取り出す


   こんな興奮してるミスターK氏を

    僕は初めてみた気がします(笑)


   ある人の、エキジット後の談である

    10年通って初めてだ

   ある人の、言動である

    Mr,K「珍しい魚撮れたんだけど
        何かな見てくださいよ」(もうわかってる)

    Mr,T「なんですか?」(動画を見る)

    Mr,T「えっ!、なにこれっ!」

    Mr,K「いや、いたので撮ってきたんです」(チョイ笑)

    Mr,T「本当に?…まだいるかな…?
             まだいそう…?」(そわそわ)

    僕「近づいてもほとんど動かなかったし
      いるんじゃないかとも思いますけど…」(チョイ笑)


   この時T氏はスクール講習から上がったばかり

    しかし、その画像動画を見た後の動きは迅速

     あっという間に行く用意をし

      カメラを片手に小走りに船に乗り込み

       一目散に新谷岬へ    


   普段そんなに用意早かったでしたっけ…

    と思う僕とミスターK氏でした

     まぁあれ見たらしょうがないよねと思いつつ(笑)


   ですがそのすう分後港に入ってくる船

    船上にはT氏

     船着き場に来て一言

   「まだいた


   「でもカメラにメディア(SDカード)が入ってない」


   ですよねー

    きっちり落ちをつけるところはさすがです…


   もう良いですよね?

    文章長くて飽きるころ、いや飽きたと思いますので

     どうぞ


    撮影Mr,K
   クリックすると元のサイズで表示します


    撮影Mr,K
   クリックすると元のサイズで表示します


    撮影Mr,T
   クリックすると元のサイズで表示します


   共演者Mt,T
   クリックすると元のサイズで表示します


    撮影Mr,T&30mにて残圧不足のため浮上のI君
   クリックすると元のサイズで表示します


   何これ?という方の為に

    名称:サケガシラ

    条鰭綱アカマンボウ目フリソデウオ科の魚類の一種

    太平洋と大西洋の熱帯域の外洋中層を遊泳するが、

     時に沿岸に漂着する

    尾びれは小さく上を向く

    食用には向きませんのであしからず。

    他のアカマンボウ目の稚魚は見つかるのに対し

     本種の稚魚はいまだ見つかっていない。


    Mr,K Mr,Tともに興奮するのもわかりますよね

     お二人とも初見とのこと、

      僕ももちろん初見でした


   見た瞬間からアジを見に来たことを

    すっかりわすれてましたよー


   まぁ、これならアジいなくても

    おつりがくるどころじゃないでした〜


   世の中なにが起きても不思議じゃない

    海中もまたしかり

    こんなこともあるんだよっっ

   そう再認識させられたダイブでした




   のちの談

    I氏がいたらデコだしても撮ってそうだね

     なんて話しながら

      サケガシラを肴に夜は更けて行くのでした


   I様こんなところで話題に出してしまいすいません


   まだまだ、佐渡の海は快適な水温ですっ

    皆様もいつ起きるとも分からないハプニングを

     体験しに来て下さいませー

6
タグ: ダイビング  佐渡



2012/10/1  10:08

投稿者:teru

Hikaru様

是非見ていただきたかったです!!

やっぱりですが翌日にはどこかへ
旅立ってしまっておりました…

2012/9/30  22:25

投稿者:Hikaru

おい!
勝手に出演させるなぁ!

俺も見たいぞぉ!!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ