パそぼとベルルのあれこれフリーク

超入門の方でもベテランでも、『もっと楽しく・便利に』パソコンが使えるようになりますように!
あとりえ「パ・そ・ぼ」のこと、ベルルの思いつきや体験したこと・・・
いろんなことを書いていきます。 コメントしてね!

 

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:パそぼ
ophidianさん、こんにちは。
USB1.1の頃のMyPCには、運良くIEEE1394がついていて DVや外付けのHDD、DVDライターなどに重宝しました。
もう一台の古いPCには 「USB2.0とIEEE1394のボード」を増設して活用したものです。

最近のPCでは、USB2.0の方が早いためか、よほどのことがないと IEEE1394はついていないようですね。
新しい規格のUSB 3.0も年末にはでるとか・・・。
変化に対応しつつ、手持ちの機器も長く使いたいものです。
投稿者:ophidian
最近はわかりませんが、IEEE1394は一昔前には色んな場所にUSBの如く搭載されていた時期がありました。(今のUSBほどではありませんが。)
当時の搭載ポートと現在のデジタル録画関係でもっぱら使われているIEEE1394を繋ぐには、端子形状の変換コード(アダプタ)が要るかもですが、変換だけなら一般の家電店でも安く手に入るはずです。

「汎用」端子としては、やはりUSBの利便性は高いですけれどもねぇ。

pasoboのTwitter

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ