2020/7/5

村杉温泉 長生館(お風呂編)  貸切風呂のある温泉

日本有数のラジウム含有量を誇る五頭温泉郷、村杉温泉。
1,000坪の庭園露天風呂が自慢の長生館に宿泊しました。
クリックすると元のサイズで表示します
宿泊及び食事付き日帰り入浴は、3つの貸切露天風呂が無料です。
クリックすると元のサイズで表示します
鎮守の森の隠れ湯 貸切露天風呂へ
クリックすると元のサイズで表示します
私が選択したお風呂は地元安田瓦を湯船に利用した「茜瓦の湯」他にラジウム鉱石を使った湯船の「森の癒し湯」、加茂の桐職人が作成した「木里の寝湯」があります。
クリックすると元のサイズで表示します
茶室風で半露天風呂となっている貸切風呂
村杉温泉の泉質は単純弱放射能冷泉。温度が低いので加温していますが掛け流しとなっています。無色透明・無味・無臭ですが温泉に浸かるとすべすべ感があり良く見ると体中に細かい泡付もあります。稀に湯華も見られます。ただ残念なのは極わずかに塩素臭を感知したことです。ですが気になるほどではありません。
宿の方にお聞きしたところ源泉は大浴場と同じ温泉を使用との事ですがこちらの方がすべすべ感在り良かったです。
洗面所、トイレ、シャワーあり。ボディーソープ、シャンプー、リンス、ドライヤーあり。クリックすると元のサイズで表示します
庭園露天風呂の隅にある「休み湯」は源泉温度26℃薬師の湯3号を掛け流しにしてあります。冷泉なので暖かい温泉と交互に温冷浴することにより新陳代謝が活発になり体がすっきりします。足を浸すだけでも効果があるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
内湯
入浴時間は夜24:30まで 朝5:30〜9:30まで

宿泊利用:2012.2月
 

内湯、庭園露天風呂は循環ですが、源泉を掛け流しにした冷泉風呂が一角にあります。無色透明な湯で特徴はありませんが、じっくり浸かっていると体にズシンと効き目があるのを感じます。
露天風呂中央には巨大な石像の亀が鎮座しています。
共同浴場ほど混雑しないので、近場でのんびりするには、たまにはいいかもしれません。
風呂上りは庭園内に湧く五頭山の伏流水が飲めるようになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

日帰り入浴 11〜14時
(大人1000円 子供600円)

2007.11月(2020.7月一部改正)

1



2012/2/9  23:10

投稿者:あや@新潟

>雪の中26度は・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

温冷入浴を交互に繰り返して(足浴)30〜40分くらい雪見露天でまったりしていました。
蒸し暑い季節には最適な温度の温泉ですよね^^;;
露天風呂で冷泉風呂というのは珍しく、今までの経験では大分県の赤川温泉くらいしか思いつきません。。


2012/2/9  21:03

投稿者:じゅうべい

こんばんは♡^▽^♡
こぶりの湯船はお湯の入れ替わりが早いせいか、何処の宿でも良い感じに思えます☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆
しかし・・・雪の中26度は・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


http://blog.goo.ne.jp/junko0205_1950/

2007/12/8  10:28

投稿者:あや@新潟

バジャワ温泉さん、コメント遅れてすみませんm(__)m 今月末頃にはスペシャル企画?を予定しています。宿泊して良い宿などもお知らせできれば、と思います。

2007/12/5  23:38

投稿者:バジャワ温泉

こんばんは。2回目のカキコです。
お〜お隣の新潟県に村杉温泉長生館という温泉が。カキコカキコ。
貴HPでまたいい温泉紹介下さいね。

2007/12/3  21:05

投稿者:あや@新潟

じんべいさん、お久しぶりです。体の具合はいかがでしょうか?長生館の露天風呂は庭園のもみじが綺麗でした。もうすぐ模試があって勉強中につきブログアップ出来ず申し訳ございません。新津や花水の近況など教えていただけると嬉しいです。お大事に、お過ごしください。

2007/12/1  22:01

投稿者:じんべい@越後

こんにちは あやさん お久しぶりです
村杉温泉、長生館って立ち寄り入浴でお伺いするといつも空いていてゆっくりとホゲホゲ入れていいですよね。
最近諸事情より各方面の温泉に行けず近場のアブラ臭漂う新津温泉とその近くの花水を行き来して過ごしております、ほんの少し時間を掛ければ咲花温泉や村杉温泉へ行けるんですけど今ちょっとの我慢かな・・・
そんな訳であやさんのお気に入りの温泉のアップ楽しみにしていますね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ