2012/1/11

五十沢温泉ゆもとかん(旧館)  新潟の温泉

混浴露天風呂が有名な「五十沢温泉ゆもとかん」から数百メートル程離れた、看板もない鄙びた民家のような日帰り入浴施設です。地元の方が通う穴場的な温泉。2011年の〆湯でしたので、今更なのですが温泉レポートします。
クリックすると元のサイズで表示します
男女別のこじんまりとした内湯のみですが、豊富な湯量と泉質の良さは県内外の温泉マニアからのお墨付き。シャワーやカランも温泉です。
クリックすると元のサイズで表示します
無色透明で熱めの湯。肌触りはすべすべして少硫黄臭がします。口に含むと少たまご味がします。泉質は単純温泉。
クリックすると元のサイズで表示します
窓を少し開けると雪景色と遠くの山々が望めました。
地元のおばあさんが「今なら貸切だよ。ごゆっくり。」と声を掛けてくれます。
300円という入浴料金も嬉しい普段着の温泉です。

入湯日:2011.12月

住所:南魚沼市宮
TEL:0257-74-2859
日帰り入浴:8:00〜20:00 300円
定休日:第一、第二、第三水曜日

1



2015/3/5  12:43

投稿者:管理人

ゆきまるさん、はじめまして。<(_ _)>

>大きい杉林の奥のゆもとかんはよくいきますが、ここはどの辺りなんでしょうか?

地図が添付されていると思いますが、温泉マークの五十沢温泉が本来のゆもとかんです。レ線マークが旧ゆもとかん。ちょうど、道を挟んだ反対側にあたります。

2015/3/4  18:15

投稿者:ゆきまる

初めまして(*^_^*) 大きい杉林の奥のゆもとかんはよくいきますが、ここはどの辺りなんでしょうか?

2012/1/15  23:17

投稿者:あや@新潟

湯次さん。。実はわけあってこちらが〆湯になりました。。?

2012/1/15  1:56

投稿者:湯次

こんばんは〜。。。
さすが、あやさん。
〆の湯だけあって、いいとこ選びますね!
知る人ぞ知る鄙びた温泉は、秘密っぽくて大好きです♪
行ってみたい!

http://kimamura.cocolog-nifty.com/blog/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ