2009/11/6

secret  独りゴト



月明かりに照らされて、

お前の顔がくっきりと影を繕いながらも見えるようになってくる。

まだ幼い顔立ちながらも、

眠っているとどこか可愛さとは別の儚いイメージを

植えつける悟空の寝顔。



「お前は俺の側から離れていくなよ・・・・」



何故か不意に口からこぼれてしまったその言葉。

自分でも相当驚いている。

今更人との別れを恐れることなどない、そう思っていたのに。



否、そう自分に言い聞かせていたのかもしれない




「ん・・・・・・」



悟空が体制を変えて俺を見つけると

ニコニコした顔で抱きついてきた

さっきの言葉を聞かれたのかとひやひやしたが

どうも寝ぼけているらしく、そのままぐっすり寝やがった。



「んん・・・・さん・・ぞぉ・・・・もうたべれないってばぁ・・・・」




思わず、噴いてしまった。

夢の中でも何か食べているのか、こいつは。




でも、俺の名前が出てきたことに

少し、いやかなり嬉しがっているのは


・・・・・・・・・・・ここだけの秘密にしておこう。












反転。



三蔵がまさかの乙女化してしまいました、なんと悲惨な。

もう謝るしかございません

三蔵好きな方、本当に申し訳ございませんでしたm(_ _ )m





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ