2009/11/6

言葉でなくても   独りゴト



冬は大嫌い



あの頃を思い出しちゃうから

誰も呼べなくて一人で凍え泣いてた日々



暗くて怖くて悲しくて


冬になるとその感情がさらに増して

心に重くのしかかってくる


だから冬は大嫌い








でも・・・・

今は、今はね、



冬は嫌いじゃなかったりする

だって三蔵との二人の時間が長くなるから

ちょっとだけ、

ほんのちょっとだけど

三蔵は雪の日になると俺と手ぇつないでくれる

いつもよりも少し三蔵との距離が近くなるんだ

それはきっと三蔵が俺のことわかってくれてるから




俺ね、三蔵がいてくれなかったら

今もずっとあそこで一人孤独に泣いてたと思う

誰か呼びたいのに呼ぶこともできないで

来てくれるのを待って

待って待って待って待ち続けて・・・・



三蔵が俺を見つけてくれてよかった


三蔵が俺の居場所を教えてくれて嬉しかった




俺ね、三蔵のことすきなの

そりゃぁ鬼畜でタバコばっか吸って銃なんてぶっ飛ばしてばっかだけど





でも誰よりも

誰よりも優しくて暖かい心をもってんだ






俺、それ知ってるから

だから三蔵がすきなの

三蔵が大好きなの











やっぱり寒くて冷たくて悲しい冬は大嫌い







でも三蔵と一緒の冬は

怖くないし

さみしくないし


.........嫌いじゃない、




(だってその温かい心で

    冷たい心も体も全部全部あたためてくれるからね)




(おい、何か言ったか?)

(ぜんっぜん、それよりはらへったーさーんぞー)

(ったく、少しは我慢をおぼえろ、このサルが)

(誰がサルだよー、.........鬼畜三蔵)

(.........何か言ったか?)

(何でもないです)










コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ