2005/1/21

光陰矢の如し  

<意味>月日が過ぎるのは、飛ぶ矢のように非常に早い。だから無為に送るな、という戒めの意味を含む。by 中唐の詩人 李益(りえき)

いやはや、時間が過ぎるのは早いですね。2005年もこの前正月だったのに、既に3週間が終わろうとしています。よく「一月は往く、二月は逃げる、三月は去る」とも言いますが、年明けからの3ヶ月はアレヨアレヨという間に過ぎて・・・

新年早々、仕事であちこちに飛んでいるので充実した日々を過ごしてはいますが、今一度「元旦」に掲げた「年間目標」を読み直し、時間の使い方を再確認したいと考える次第です。

1月も後一週間(ひぇ〜)。特にへたった体を鍛えなおさにゃ〜ね。
0



2005/1/21  14:55

投稿者:最さん

いいね〜
4月:花見、5月:GW祝い、6月:俺の誕生日、
7月:BBQ、8月:花火大会、9月:月見、
10月:秋刀魚会、11月:勤労感謝の会、12月:忘年

忙しい〜っ

2005/1/21  12:41

投稿者:板さん

一月は往く、二月は逃げる、三月は去る
なるほど!
こんな文句も?
1月は新年会
2月はバレンタイン
3月はひな祭り
で飲みの口実なんてネ!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ