2007/9/10

笠沙調査地点のサンゴの白化  調査
金曜に奄美で調査し,月曜は薩摩半島南西部の笠沙の調査です。メンバーは県水技センターのT中さん,Y満さん,村Tさん,T原さん,4年生のN島君です。

クリックすると元のサイズで表示します

春の調査と同じ場所に同じ長さ(270m)の測線を設置し,ライントランセクトをしました。海藻は枯死流失しているのは容易に想像していましたが,サンゴも・・・・

白化しています。いくつかは褐虫藻が少しのこっているようですが(これらは生き残るでしょう),完全に白化しているものも多いですね。高水温が原因でしょうか。

港でTBSが白化の潜水撮影のために取材に来ていましたが,別のサンゴの方に行ってしまいました。できれば,県と大学の学術調査の方も取材してもらいたかったですね。

N島君は,米粒のような付着器の残存を採集してました。計測よろしく。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ