2007/10/11

ヨツデクロガシラ  研究室
クリックすると元のサイズで表示します

ヨツデクロガシラは胚芽枝の腕が二股分岐を二回して四本に見えますが,鹿児島以南で見ているものは,二股のみのものが多いようです。これは,嘉村(1963)のワイジガタクロガシラ(ヨツデクロガシラの異名)に該当します。観察していてやっかいなのが,同じヤツマタモクの気胞でも,複数のクロガシラ属藻類が着生していることですね。

0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ