2007/10/15

「鹿児島湾の自然史」展が始まりました  教育
クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島大学総合研究博物館の特別展「鹿児島湾の自然史」が本日より始まりました。海藻研では,「鹿児島湾の海の森」,「鹿児島湾の海藻あれこれ」,「鹿児島湾の藻場と生き物たち」という展示を担当しています。入り口入ってすぐの場所にパネル3枚と標本,葉上動物サンプルを展示しました。

海藻の基本的な話から,特筆すべき種,藻場生態系の話に展開しています。特に,日本産ヌメリグサに対して故・糸野先生が用意されていた学名(急逝されたため,いまだ記載されず)を特筆すべき種で紹介しています。タイプ標本にする予定だった標本を標本庫で昨年再発見し,展示に至りました。

特別展全体としては,プランクトンやベントス,魚類,サンゴ等,充実した展示になっています。かごしま水族館の協力で,生きている生物の展示もあります。鹿児島の方で興味のある方は,是非お越し下さい。鹿児島大学郡元(こおりもと)キャンパスにある総合教育研究棟プレゼンテーションホールで開催しています(土日もOPEN)。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ