2008/2/14

卒論発表会  教育
ポスターはなんとか前日に仕上がりました。サイズを確認するように念を押したのに誤って大きく印刷したり,ギリギリで発表練習すらできない人がいたり,ため息が漏れることもありますが,発表会には全員間に合いました。


クリックすると元のサイズで表示します
K畑君は,沖永良部島と硫黄鳥島の海藻相についてK脇教授に説明しています。種の同定にかなり苦労したようですが,説明しながらいろんなことが走馬灯のように頭の中を駆けめぐっていることでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
O塚さんは,光が僅かにしか届かない水深50mの海底に生育する緑藻アオサ科藻類の光合成について紹介しています。なかなか興味深い材料です。

クリックすると元のサイズで表示します
K本さんは,紅藻ミリン科藻類の光合成について発表しています。直前のがんばりには目を見張るものがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
N島君は暑い日も寒い日も笠沙で潜って調査しました。苦労して得たデータに愛着を感じていることと思います。S宮教授にもその熱意が伝わっていることでしょう。

皆さんよく頑張りました。研究から離れる人もいますが,一年間かけて大きな仕事(課題)を成し遂げるという経験は,きっと社会に出てからも役に立つはずです(特に論理的な思考法と”根性”)。

海藻研メンバーで海洋センター所属のS野さんは,別の日に口頭発表で無事卒論発表会を終えました。写真を用意できず,ゴメンナサイ。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ