2008/2/22

ヒトエグサ養殖  調査
ヒトエグサは鹿児島県を代表する有用海藻のひとつです。県内各地で冬季に採取され,「あおさ」や「あーさー」と呼ばれています。東日本では佃煮にする地域が多いようですが,鹿児島県や沖縄県ではみそ汁の具として用います。鹿児島湾や長島等では養殖もおこなわれており,ヒビ建て養殖は冬の風物詩となっています。

クリックすると元のサイズで表示します
(喜入にて)
大潮の干潮時に撮影したため,干上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します
(指宿市岩本にて)
多少うねりが入ってきて,採取も大変そうです。岩本は,NHKの大河ドラマでおなじみの篤姫の実家「今和泉島津家」の領地としても知られています。
(現場にいた方の了承を得て,撮影しています。どうもありがとうございました)
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ