2006/7/28

牛深調査2  調査
クリックすると元のサイズで表示します
アマクサキリンサイを採集に行きましたが,一番驚いたのはテーブルサンゴと褐藻アントクメの群生ですね。温帯性のコンブの仲間が亜熱帯性のサンゴと群生するのは見たことがありません。ここのサンゴ群衆は拡大傾向にあるそうですが,もしそうなら南限に近いアントクメ群落は徐々に衰退するのでしょうか。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ