2008/7/15

日本産オゴノリ属(広義)全23種の図版  教育
日本藻類学会和文誌「藻類」の2008年第2号(7月発行)の中扉として、日本産オゴノリ科藻類23種の図版が掲載されました。寄生藻属Congracilariaのフシクレタケを除く、正式に発表されている日本産全種になります。

和文誌企画「藻類のグラフィックアート」の連載で、アマノリ属、コンブ科、石灰藻に続く回となりました。貴重な機会をいただきました編集長のK山博士に感謝する次第です。

また、本号には、3月に指宿市の鹿児島県水産技術開発センターで開催されました「亜熱帯性ホンダワラ属藻類の分類に関するワークショップ」の開催報告も掲載されました。温暖化に関連して話題の「ホンダワラ属藻類」の定義に関する記述もあります。

ご関心のある方は、「藻類」をご覧下さい。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ